氷を割って湖から脱出する白鳥の隊列が優雅

写真拡大 (全3枚)

白鳥といわれれば、たいていは1羽でいる姿を想像するだろう。カモのように隊列を組んで泳ぐ白鳥など、普通は見られないはず。

ところが、その珍しいシーンが最近SNSに投稿された。1列に並んで進む7匹の白鳥の姿は珍しく、とても優雅だ。

YouTube/Alex William

YouTube/Alex William

凍った湖から出るために

動画が撮影されたのは、2017年1月21日の午後。場所はイギリス・レスター州にあるブラッドゲート公園。

撮影者の男性(68才)によれば、その日の午後は急に冷え込んで、わずか数時間のうちに零下2度まで気温が下がったとのこと。それで湖が岸から凍り始め、泳いでいた白鳥たちは氷に囲まれてしまった。

白鳥たちが岸に上がるには、氷を割って進まなければならない。

1羽の雄を先頭にして

「1羽の雄の白鳥が氷を割って進み始めると、その後ろに6羽が続いた」と撮影者は言う。白鳥たちが数珠つなぎになったのには、こんな理由があった。

「先頭の雄は、長い首を伸ばして氷を割りながら進んでいたよ。いざとなると意外な力を出すもんだ」

岸にはこの様子を見物する人たちが集まっていたという。白鳥たちが岸にたどり着いたときには、全員から安堵の声が上がったそうだ。

白鳥たちには災難だったかもしれないが、おかげで珍しい光景を見ることができた。