ワイン「アワ・ワインのロゼ」(3980円)、チョコ「グアサーレ」(750円)

写真拡大

バレンタインの準備はすすんでいますか。

【写真をもっと見る】パッケージもおしゃれ!ライバルに差をつけたい人にオススメ

「今年はチョコだけでなく、赤ワインも一緒に贈りませんか」と、イタリア食材の輸入販売をしているノンナアンドシディの岡崎玲子さんは提案する。

「ワインとスイーツの組み合わせはあまり馴染みがないかもしれません。でも、赤ワインもチョコも共にポリフェノールを含んでいるので、赤ワインを飲みながら、チョコをかじると、よりおいしく食べてもらえると思います」

しかもただ贈るだけでなく、チョコとワインそれぞれのストーリーもつづった手紙を同封したほうが、贈られた人の胸に深く響くに違いない、と岡崎さんは説く。

「ご存知のようにワインには個性があります。どんな個性があるのか、貴方が選んだワインと、そのワイナリーのストーリーも書き添えたほうが、貴方の個性も伝えることができると思います。貴方が選んだワインとチョコを気に入ってくれたら、ふたりの関係がさらに発展するのではないでしょうか」

ふたりの今後が大いに期待できそうな、ストーリーを秘めたチョコとワインのカップリングを岡崎さんがセレクトしてくれた。

イタリア「ドモーリ」のチョコレートが愛される理由

チョコは、世界中のショコラティエやチョコレート愛好家から絶賛されているイタリアのドモーリの製品の中から選んでもらった。

トリノ(ピエモンテ州)に1994年に創業したドモーリは、イタリアなどで開催されるチョコレートコンクールで金賞を受賞している。

なぜドモーリの評価は高いのか。それはドモーリの創業者ジャンルーカ・フランゾーニが、カカオの品種別にチョコレートを手がけているからだ、といっても過言ではない。

ジャンルーカは、あるきっかけでベネズエラでカカオの研究に着手。その結果、カカオはテノワールではなく、遺伝子であることを突き止めた。遺伝子なら接ぎ木ができる。そう考えたジャンルーカは、ベネズエラの農園の一部を借り受け、絶滅しそうなカカオを育て始めた。世界で0.001%しか現存しないとされる希少種クリオロ種を復活させた。

現在それぞれのカカオの特徴を最大限に引き出した、魅力的なチョコレートを製品化している。

カカオの特徴を存分に楽しめるチョコレートとそれに合うワインを、贈る相手に合わせ、3つパターンを岡崎さんがチョイスしてくれた。

【大本命に贈る】

ワイン「モヴィアのメルロー」(4200円)、チョコ「クリオロ100%」(750円)

モヴィアは1820年、イタリアとの国境に創業したスロヴェニアのワイナリー。

共産党時代、農家は10ヘクタールの農地しか持つことができなかったところを、モヴィアは18ヘクタール所有していた。

「モヴィアのワイン好きだった当時の大統領がモヴィアを守るため、国境を変えてしまいました。信じられないかもしれませんが、事実です(笑)」

国境を変更したことで、スロヴェニアのドブローヴォ・ブルディにあったモヴィアの農地は10ヘクタールになった。残りの8ヘクタールは、イタリアのフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州のフルウリ地区に移ったというのである。

モヴィアのメルローは手で摘んだブドウを、2時間以内に発酵させ、5年間木樽で寝かせたものをボトリングし、出荷している。

「単一品種のワインなので、品種の特徴が際立っています。このワインには、『クリオロ100%』というクリオロ品種のカカオマスだけで作ったチョコとの相性がいいと思います」

舌に強烈なインパクトを与えてくれるワインとチョコは、大本命に贈りたい。

【上司や先輩におすすめの逸品】

ワイン「イル・コンベンティーノのヴィーノ・ノビーレ・ディ・モンテプルチャーノ・リゼルバ」(4250円)、チョコ「チュアオ70%」(750円)

イタリアのトスカーナ州にあるワイナリーのワイン。太古の昔海底だったため、貝などの化石がゴロゴロしている海抜300〜350mの農地で、ブドウの有機栽培に取り組んでいる。

サンジョベーゼ・ダブルッツォが90%、カナイオーロとマンモーロを半々の他、グリケットという白ワインブドウ品種を1%加えている。

「白ワイン品種を入れることで赤ワインの特徴を引き出していると思います。強いスパイス香や果実の香りがする、華やかな香りが持ち味のこのワインには、『チュアオ70%』というチョコの組み合わせをおすすめします」

ベネズエラのチュアオ村でとれたチュアオというカカオと、キビ砂糖だけで作ったチョコレート。キビ砂糖しか使ってないのに、ナッツやアーモンドの香り、バニラやミルククリームの甘さが感じられる、華やかな味わいが楽しめる。

「華やかな風味と香りのこのカップリングは、お世話になっている上司や先輩、あるいは両親に贈っても喜ばれると思います」

【個性が光る人にプレゼントしたい】

ワイン「アワ・ワインのロゼ」(3980円)、チョコ「グアサーレ」(750円)

ジョージアワインをご存知だろうか。ジョージアといってもアメリカのジョージアではない。

黒海の東側に位置し、北側にロシア、南側にトルコ、アルメニアと隣接するコーカサス地方にあるこの国は、1991年にソビエト連邦から独立した。

この地はワイン発祥の地とされ、8000年前からワインを造ってきたと言われている。

ここで造られたワインがメソポタミアを経由し、エジプトに運ばれていった。

2013年、ジョージアワインがユネスコの無形文化遺産に登録された。

対象となったのは、この地に古代から伝わるクヴェヴリと呼ばれる甕で醸しているワインである。

「人間が入れるぐらい巨大な甕を土中に埋め、ブドウ果汁だけでなく、種や果皮、ブドウの枝も一緒に入れて発酵させているワイナリーもあります。大地の力でワインを醸しているのが、ジョージアワインの特徴です」

岡崎さんは、ジョージアのワイナリーの間で、教祖的な存在のソリコ・ツァイシュヴィリさんのワイナリー「アワ・ワインのロゼ」(3980円)をすすめてくれた。

「アワ・ワイン、すわなち私達のワインという意味のワイナリーです。ソリコさんの他、5人の幼なじみが育てたブドウでソリコさんがワインを醸造しています」

ジョージアでは525もの古代品種のブドウが育てられている。

アワ・ワインでは、古代品種のサペラヴィで造った赤ワインもあるが、2015年のヴィンテージものでは、赤よりもロゼを岡崎さんはすすめてくれた。

「このロゼワインは、サペラヴィとルカツィテリ(白ワイン品種)で造っていて、香りも抜群です」

このロゼワインに合わせたいチョコレートは、1万年前から存在するとされるカカオ品種グアサーレとキビ砂糖だけで作った「グアサーレ」(750円)。

ブドウ品種もカカオ品種も共に原種。個性派同士の組み合わせなので、口の中で喧嘩するかと思いきや不思議と共鳴しあい、そのマリアージュが心地よい。

チョコレートの試食は無料だが、ワインは有料で試飲(1杯800円程度)させてもらえる。贈りたい人のことを考えながら試飲と試食をした上で、プレゼントを選ぶといいだろう。

もちろん取り寄せも可能だ。

【店舗情報】
東京都渋谷区恵比寿西2-10-6大槻ビル102
電話:03-5458-0507
11:00〜19:00、日曜・祝日休(催事などで臨時休業することもある)
※記事内の価格はすべて税別