これは正式版でも期待したい!

とうとう発売されたApple(アップル)の無線イヤホン「AirPods」。ケーブルレスな利便性は最高なのですが、一方では「なくさないかな…」という心配も。そんな声を予想していたのか、AppleはiOS 10.3のベータ版にて「AirPodsを探す」機能を搭載してきたのです!


20170125nair2.jpg


9to5Macによれば、Find My iPhoneアプリ内に搭載された「AirPodsを探す(Find My AirPods)」機能は、AirPodsがiOS端末のBluetooth電波の範囲内にある場合、AirPodsの場所を地図上で指し示してくれます。Bluetoothの範囲外の場合は、最後にAirPodsがiPhoneに接続された場所が提示されるので、そこに戻ればAirPodsが落ちているかもしれません。

また、AirPodsから音を鳴らして探すことも可能。こちらは家の中でなくした時に役立つはず。音は左右で別々に鳴らせるので、片方だけ失くしちゃったよ〜という場合の捜索にも役立ちます。

iOS 10.3のベータ版はver.1が登場したばかりなので、正式版のiOS 10.3まではもう少し待たないといけないかもしれません。それでも、小さくてなくしやすいAirPodsを使うのが、少し安心になりそうですね!


・iOS 10.3の新機能には映画館専用のマナーモード「シアターモード」が搭載される?


image: 9to5Mac
source: 9to5Mac
(塚本直樹)