写真提供:マイナビニュース

写真拡大

日本HPは25日、2016年6月から自主回収を進めている同社製ノートPCのバッテリパックについて、新たな不具合が見つかったとして対象製品を拡大した。すでに自主回収プログラムで交換バッテリパックを受け取ったユーザーには影響しない。

従来の対象バッテリパックは、2013年3月から2015年8月までに出荷した、ノートPC付属品、オプション製品、および保守サポートで提供したバッテリパックの一部。具体的には、バーコード番号が、6BZLU、6CGFK、6CGFQ、6CZMB、6DEMA、6DEMH、6DGAL、6EBVAで始まるバッテリパックの一部。

今回新たに追加された対象製品は、2013年3月から「2016年10月」までに出荷した、ノートPC付属品、オプション製品、および保守サポートで提供したバッテリパックの一部。対象のバーコード番号は、上記と同じ。

交換対象のバッテリパックが付属するノートPCは、以下の通り。今回追加された対象製品には※印を付与している。

・HP ProBook 4540s Notebook PCシリーズ
・HP ProBook 4545s Notebook PCシリーズ
・HP ProBook 450 G1 Notebook PCシリーズ(※)
・HP ProBook 455 G1 Notebook PCシリーズ
・HP ProBook 470 G1 Notebook PCシリーズ(※)
・HP 1000 Notebook PCシリーズ
・HP 2000 Notebook PCシリーズ
・HP Pavilion g6 Notebook PCシリーズ
・HP Pavilion 15シリーズ(※)

ノートPCのシリアル番号「xxx311xxxx 〜 xxx444xxxx」の一部に、交換対象となるバッテリパックが付属している(「x」部分は英数字)。詳細は専用Webサイトを参照いただきたいが、バッテリパックチェックツールの無償配布や、手動での確認方法、交換用バッテリパックの申し込み方法などが案内されている。