坂上忍

写真拡大

25日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、ASKAが好きだとほのめかした番組司会者について議論がなされた。

番組では、覚せい剤取締法違反(使用)の容疑で逮捕されたものの、のちに不起訴処分(嫌疑不十分)で釈放となったASKAの近況を特集。ASKAは来月、告白本とアルバムのリリースを控えている。

その中で、ASKAが24日のブログで「バイキング」に言及している箇所に触れられる。「明日の、フジテレビ『バイキング』で『FUKUOKA』と『X 1』のプロモーションビデオをフルサイズで流してくれるそうです」「嘘です」という冗談だったが、その直後に「みなさん、監視していましょう」とブログ読者に呼びかけている部分で、スタジオがざわつく。番組ではこれまでにもたびたび、ASKAの動向を取り上げているのだ。坂上忍はこれに「僕はASKAさんに監視されてるんでしょ? ASKAさんもまだ若干監視されてるところがある」とブラックジョークで笑いを誘った。

その後、番組ではASKAが別の日のブログで「僕は、〇〇の司会者〇〇君が好きです」「彼は、とても愛情深く、そしてすばやく人の気持ちを感知して言葉を選んでいます」と記していることが話題に。即座に「〇〇君」は坂上のことだと盛り上がると、本人は照れくさそうに「『とくダネ!』の小倉君」だと指摘。

「『恵比寿マスカッツ』の矢作君」との説も飛び交う中、芸能記者の中村竜太郎氏は周囲の話として、ASKAが日ごろから坂上を「中立な立場で発言する」と褒めていたといい、坂上説を裏付ける。どうやら「〇〇君」は坂上の可能性が高いようだ。

最後に矢作兼に促される形で坂上はカメラ目線となり、改まった口調で「ASKAさん、これからもお互いを監視しあっていきましょうね!」と投げかけ、スタジオは爆笑と拍手に包まれたのだった。