「花郎」パク・ソジュン&Ara&ソ・イェジ、三角関係の始まり

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
Araがパク・ソジュンとソ・イェジの出会いを目撃した。

24日、韓国で放送されたKBS 2TV月火ドラマ「花郎(ファラン)」第12話では、王女スクミョン(ソ・イェジ) がムミョン(パク・ソジュン) に対する関心を表す。

この日、スクミョンはムミョンに近づいて「そっちが私の兄らしいけど、あなたが真興(チヌン) だと? 嘘つくんじゃない」とし、挑発した。

これに対して、ムミョンは「弓を射たのが君か? 狩場でアロ(Ara) に弓を射たのが君か?」と怒り、スクミョンは「私はノロ狩りをしただけだ」と言い逃れた。

しかし、これに屈しないムミョンは「僕はその方が誰なのか興味ない。僕を誰だと思っているか興味ない。しかし、あの子に怪我をさせたら、本当の僕を知るようになるだろう」と警告した。

これを目撃したアロは2人を見ながら嫉妬するような表情をし、三角関係を予告した。