「花郎」防弾少年団 V、怒り爆発“兄貴と比較されるのが嫌だ!”

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「花郎」で防弾少年団 Vが怒った。

24日に韓国で放送されたKBS 2TV「花郎」第12話では、兄のダンセ(キム・ヒョンジュン) と比較されるのが嫌で仮病を使うハンソン(V) の姿が描かれた。

ハンソンはアロ(Ara) を訪ね、足をくじいたと嘘をつき仮病を使った。2人の罵り合いは笑いを誘った。そしてハンソンは「兄貴と比較されるのが嫌だったんだ」と告白した。

そこにダンセがやって来て剣術の練習をすることになった。ダンセはどうしようもないハンソンの実力について言及し刺激すると、ハンソンはカッとし「兄貴と俺は入れ替わるべきだ!」と叫んだ。

ハンソンは「俺は何一つできることがない。星を見るのが好きなだけだ。これが俺なんだ、どうしろっていうんだ」とその場を離れた。