写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●マイナーチェンジでも違いが伝わったクルマ
日産自動車が昨年11月に投入した新型「ノート」の売れ行きが好調だ。乗り味と同様、販売面での加速も良好で、同車は日産を久々の月販台数トップの座に押し上げた。このクルマ、どのあたりが購入者に受けたのだろうか。

○サニー以来、30年ぶりの月間販売トップに立った日産

2016年11月、軽自動車を含む車名別の月間販売ランキングで、1万5784台を販売したノートがトップに立った。ご参考までにお伝えすると、2位は本田技研工業「N-BOX」(1万4813台)、3位はトヨタ自動車「プリウス」(1万3333台)、4位はダイハツ工業「ムーヴ」(1万3201台)、トヨタ「アクア」が5位(1万2409台)だった。日産車が月販台数で首位になったのは、“トラッドサニー”と呼ばれた6代目「サニー」の1986年9月以来、実に30年ぶりだ。

そして翌12月。首位はダントツでN-BOXの1万4967台だったが、乗用車で2カ月連覇となるかが注目されたノートは1万2403台で、1万2776台を販売したプリウスにわずか373台差で敗れた。なお、4位のムーヴが1万1702台、5位のアクアが1万1449台とこちらも僅差だ。

ちなみに、もしもノートが2カ月連続で乗用車の月販首位を達成していたとしたら、日産車としては45年ぶりであった。ご参考までに、前に2カ月連覇を達成した車種は2代目の「B110型サニー」で、初のSOHC(Single OverHead Camshaft)エンジン搭載モデルが人気を博し、カローラに競り勝ってのことだったという。

2016年1月〜12月の乗用車と軽自動車を合わせた累計販売台数の上位10台は以下の通り。

○マイナーチェンジで飛躍した販売台数

2016年を通して、たしかにノートは日産の乗用車の中ではもっとも売れていたが、こうして見ると、ラスト2カ月の出来事が、いかに快挙であったかがご理解いただけよう。そのうち、新たに追加された電動パワートレーン「e-POWER」を搭載したモデルは初期受注の8割近くにも及んでおり、ノートの月販首位はe-POWERなくしてありえなかったことになる。

それにしても、日産ほどのメーカーが、30年間も月販首位から遠ざかっていたという事実にも驚いたのだが、その突破口となったのが、いくらマイナーチェンジを実施し、e-POWERを追加するなどしたとはいえ、ニューモデルではない、登場から5年も経ったノートだったというのも興味深い。

では、そのe-POWERとは、一体どういうものなのだろうか。

●乗れば分かる加速のよさ
○エンジン車と電気自動車の“いいとこ取り”

大まかにいうと、e-POWERは電気自動車(EV)の「リーフ」と同じ電気モーターに、発電専用のガソリンエンジンと小容量のバッテリーを組み合わせたものだ。駆動力を生み出すのは100%電気モーターのみ。エンジンはバッテリーの残量や車速に応じて適宜動いて発電するので、外部電力からの充電も不要となる。

e-Powerを積んだノートは既存のクルマと同じように、給油さえ行えばずっと走行しつづけることができる。バッテリーの役目は、主に減速時に回生ブレーキにより発電した電力を蓄えることであり、実はバッテリーがなくても十分にクルマとしては成立するのだが、回生ブレーキを行なっていることや将来的なR&Dを念頭に、バッテリーを搭載したようだ。

日産としてはこれを「電気自動車の新しいカタチ」と表現しており、メディアでも「レンジエクステンダー付き電気自動車」と表記する向きもあるが、外部充電機能はなく、バッテリー容量も小さいことから、システムとしてはあくまで「シリーズハイブリッド」であると日産もアナウンスしている。

○独特の加速感が購入を後押し

シリーズハイブリッド車の市販化は日本初。むろんこれまでなかったものであり、実のところ、どれぐらいのユーザーがちゃんとe-POWERの仕組みを正しく理解して購入しているのかというと、あまり多くはないと日産自身も分析しているようだ。しかし、e-POWERが全く新しいものであり、モーターがいい仕事をしていることや、燃費がよいということはしっかり伝わっているようだ。

100%EVのリーフも、満充電1回あたりの走行可能距離には難があるが、走りの評価は高い。その点では日産としても、「ひと踏み惚れ」と表現するe-POWERの加速性能には自信を持っており、興味を持った人にはそれを味わってもらえるよう、積極的に乗る機会を設ける努力をしているという。今までEVに触れたことのなかった人も多く、あの独特の加速感を味わい、まさしく“ひと踏み”で気に入ってしまって、購入に至るというケースも非常に多いそうだ。

●磐石のトヨタ車に強力な対抗馬
○加速フィールが絶対的な強みに

実際、競合するハイブリッドカーの多くは、あまりリニアではなく、遅れがあってから駆動が立ち上がるのに対し、モーターが生み出す加速フィールは極めてリニアである。これは100%モータードライブのe-POWERの絶対的な強みに違いない。そして、このクラスでこれほど強力な加速を味わわせてくれるクルマというのは、ちょっと他に思い当たらない。

それでいて、使い方が従来のクルマと変わらず、充電する必要もなく、給油のみで走行できて、価格もリーズナブルなのだから、ノートのe-POWER搭載モデルがそれなりに売れるのもうなずける。

さらには、アクセルオフ時に回生ブレーキを強めにきかせることで、あまりブレーキペダルに踏みかえることなく運転できるという、ワンペダルドライブもe-POWERの特徴で、その評判も上々とのことだ。

また、ノートがもともと持っている強みとして、とくに競合車のアクアに対しては、ボディサイズのわりに車内が広くて実用性に優れ、内外装が上質に仕立てられていることも挙げられる。これまでノートのことを知らなかったけれど、e-POWERの登場をきっかけにノートのことを知り、こんなにいいクルマがあったのかと気づいて購入に至ったという人も、少なくないのだという。

かくして、2016年の中盤まで圧倒的に強かったプリウスやアクアをしのぐほどの販売を見せたノート。e-POWERという新しい魅力的な記号性も加わり、当面は目の離せない存在になりそうだ。

(岡本幸一郎)