『パーソナル・ショッパー』ティザービジュアル ©2016 CG Cinema - VORTEX SUTRA - DETAILFILM - SIRENA FILM - ARTE France CINEMA - ARTE Deutschland / WDR

写真拡大

オリヴィエ・アサイヤス監督の新作映画『Personal Shopper』が、『パーソナル・ショッパー』の邦題で5月から東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズほか全国で公開される。

【もっと大きな画像を見る】

『第69回カンヌ国際映画祭』で監督賞を受賞した同作は、パリでセレブリティーのための買い物代行をするパーソナルショッパーとして働く女性モウリーンを主人公にした作品。数か月前に双子の兄を亡くした彼女のもとに、ある日から謎のメールが届き始めるというあらすじだ。仕事柄、鍵を預かって他人の家に出入りし、時にはプライベートも垣間見るモウリーンの秘めた欲望が徐々に抑えられなくなり、やがて不可解な出来事を引き寄せる様が描かれる。

ヒロインのモウリーン役を演じるのは、アサイヤス監督の前作『アクトレス〜女たちの舞台〜』にも出演したクリステン・スチュワート。共演者にはラース・アイディンガー、シグリッド・ブアジズが名を連ねる。

同作にはシャネルが衣装協力で参加しているほか、シャネルの本店があるパリのカンボン通りで撮影を敢行。またカルティエをはじめとする様々なブランドのショップが登場する。