優勝候補の松山英樹は今年初Vを勝ち取れるか(写真はソニーオープン)(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ファーマーズ・インシュランス・オープン 事前情報◇24日◇トーリーパインズGC>
先週から戦いの舞台は米国本土カリフォルニアに移した米国男子ツアー。今週は1952年から始まった歴史ある大会「ファーマーズ・インシュランス・オープン」がトーリーパインズGCにて開催される。日本勢からは松山英樹と石川遼の両名が、また今大会がツアー復帰戦となるタイガー・ウッズ(米国)が参戦する。
【特別動画】PGAツアー5年目の石川遼が語る意識の変化
PGAツアーの公式サイトで発表されているパワーランキング(優勝予想番付)では、松山がジェイソン・デイ(米国)に次ぐ2位にランクインするなど、今週も期待度は高い。前回の「ソニー・オープン・イン・ハワイ」では27位タイと優勝争いには絡めなかったが「やるべきことは明確に分かっています」と課題ははっきりとしていただけに、この1週間で調整できていれば2017年初Vも見えてくる。
パワーランキング3位にはジミー・ウォーカー(米国)、以下、昨年覇者のブラント・スネデカー(米国)、ダスティン・ジョンソン(米国)と名だたる選手が名を連ねる。
しかし、先週の「キャリアビルダー・チャレンジ」では優勝予想“圏外”であったハドソン・スワフォード(米国)がツアー初Vを手にするなど、ツアールーキーのドミニク・ボゼリ(米国)、3日目に史上8人目の“59”をマークしたアダム・ハドウィン(カナダ)ら新鋭が大会を賑わせた。今大会も番狂わせが起きるか、はたまた順当に実力者が優勝を勝ち取るのか。群雄割拠の米ツアーからますます目が離せない。
【パワーランキング】
1位:ジェイソン・デイ
2位:松山英樹
3位:ジミー・ウォーカー
4位:ブラント・スネデカー
5位:ダスティン・ジョンソン
6位:ハドソン・スワフォード
7位:チャールズ・ハウエルIII
8位:ゲーリー・ウッドランド
9位:マーティン・レアード
10位:スコット・スターリングス
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】
新スイングに取り組む石川遼 スイング中の意識の置きどころは?
ジョーダン・スピースが来日 「松山は強力なライバル」
“本気で70台を目指す人”のセット選び〜ウェッジ・パター編