写真提供:マイナビニュース

写真拡大

グレープシティは1月24日、業務アプリケーション開発に便利なコンポーネントを数多く収録したスイート製品「ComponentOne Studio」の新バージョン「2016J v3」をリリースしたと発表した。

ComponentOne Studioは、1年定額制のサブスクリプション方式で販売しており、初回費用は、最上位エディションである「ComponentOne Studio Enterprise」の1ユーザーライセンスで16万2000円、1年単位の更新費用は初回費用の40%である6万4800円(いずれも税込)。

最新版では、2016年11月にマイクロソフトより発表された「Visual Studio 2017」について、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET Web Forms/MVC、Silverlightのすべてのエディションで正式にサポートする。

また、各エディションにさまざまな新機能を追加。例えば、Windowsフォーム用エディションには、バウンド/アンバウンド両方に対応した階層データ表示コントロール「TreeView(ツリービュー)」や、地図データを描画できる「Maps(マップ)」コントロールを用意している。

さらに、Windowsフォーム、WPF、UWP、ASP.NET MVCの4エディションに共通で収録されている高速/軽量なチャートコントロール「FlexChart(フレックスチャート)」には、ウォーターフォールチャート、ポーラ/レーダーチャートなどを追加している。

(Aries)