R2-D2も見守っている! - 画像はライアン・ジョンソン監督Instagramのスクリーンショット

写真拡大

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード8にあたる新作『スター・ウォーズ:ザ・ラスト・ジェダイ(原題) / STAR WARS: THE LAST JEDI』のオープニングクロール(冒頭に流れる説明文)を、ライアン・ジョンソン監督が自身のInstagramでチラ見せした。

 同作のタイトルは先日発表されたばかり。「これを投稿できてとてもいい気分だよ」という言葉と共にジョンソン監督がアップしたのは編集室での写真で、そこに写るスクリーンにはおなじみのオープニングクロールでの「ザ・ラスト・ジェダイ」という文字がしっかり確認できる。このタイトルは2年前にジョンソン監督が決めて以来ずっと秘密にしてきたものだといい、ようやくファンに発表することができて肩の荷が下りたことだろう。

 ジョセフ・ゴードン=レヴィット主演のSF『LOOPER/ルーパー』で脚光を浴び、エピソード8の監督に大抜てきされたジョンソンは、本作は前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(J・J・エイブラムス監督)の直後からスタートし、マーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーとデイジー・リドリーふんするヒロイン・レイの関係をメインで描くと USA TODAY に明かしている。12月15日世界公開。(編集部・市川遥)