「不夜城」放送終了…イ・ヨウォン vs チン・グの決戦の行方は?

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「不夜城」のイ・ヨウォンとチン・グがAFTERSCHOOL ユイの誠意のため、戦いを止め元の位置に戻った。ユイは独り立ちを始めた。

24日に韓国で放送されたMBC月火ドラマ「不夜城」最終回では、最後の決戦を準備するソ・イギョン(イ・ヨウォン) とパク・ゴヌ(チン・グ) の姿が描かれた。

この日、ゴヌは父親のパク・ムイル(チョン・ハニョン) の「父世代の戦いが終わったことにしてほしい」という願いにもかかわらず、「父世代の戦いは終わっても、我々の戦いは終わっていない」とし、イギョンとの最後の決戦を準備した。

彼はハッカーを雇用してギャラリーのシステムを壊し、その間ゴヌと手を組んだナム・ジョンギュ(ソン・ヨンギュ) はソン・ギテ(パク・ソヌ) を拉致するためにチョ・ソンムク(チェ・ミン) を車で跳ね、大きな怪我を負わせた。

ナム・ジョンギュはソン・ギテを閉じ込め、違法融資事件などをすべてイギョンの指示を受けてやったと検察に自供するよう促した。ゴヌはこれをイギョンに伝え、「最悪の事態になる前に止めるように」と警告した。

すべてを聞いたイギョンは反撃を準備した。彼女は「残っている昔の情などない。もう倒しに行くしかない」とし、電話をかけてきたゴヌに会った。

その場に現れたのはイ・セジン(ユイ) だった。イギョンは「私の救援投手だ」とし彼を紹介し、セジンは「ギャラリーでのことを聞いた。なぜそんなことをしたのか。それは会社のためにもならない」とゴヌに忠告した。彼は日本で資金を動かし、イギョンを手伝ったのだ。

ゴヌとナム・ジョンギュが一緒にイギョンを脅迫している間、イギョンはセジン、キム作家(シム・アヨン)、タク(チョン・ヘイン) と共に作戦を立てた。タクとセジンはソン・ギテの娘のソン・マリ(イ・ホジョン) を追うことにしたが、ソン・マリの友達のセジンは彼女を放し、イギョンの作戦は叶わなくなった。結局ナム・ジョンギュは検察に出頭して自首した。

セジンは、イギョンとゴヌとの戦いを止めさせる方法を講じる。彼女はゴヌに会い、「自分自身に止めるようにと一言だけ言えばいい」とし、ムジン新都市がイギョンの攻撃カードだと話す。

セジンの説得にゴヌは心が揺れた。日本でのセジンと幸せな時間を思い出した。結局、彼はネオシティプロジェクト拡大会議で、「新都市ムジン買収の過程で、不正なインサイダー取引があった」と暴露し、措置を取り、国民に謝罪することを明らかにした。

最後に検察に出頭したソン・ギテ社長は、娘の「お父さんは悪い人ではない」という言葉を思い出して、「不正融資事件は僕一人でやったものであり、イギョン代表は何もしていない」と率直に明かした。ゴヌも証拠資料をすべて廃棄し、ナム・ジョンギュとの取引を中止した。

ゴヌはイギョンに会い、セジンの助言のおかげで止めることができたと告白した。イギョンも自身がセジンとの会話を通じて、しばらくだけだが止めたいと思っていることに気づいた。イギョンはすべてを片付けて日本に行くことにした。彼女はセジンの誠意が通じたことを伝え、セジンは一人で残り、上に上がると話した。ユイの独り立ちが始まったのだ。