「君の名は。」スペシャルポスターを公開…観客動員数300万人突破を記念して制作

写真拡大 (全2枚)

観客動員数300万人突破で韓国最高の日本映画ヒット作となった「君の名は。」の新海誠監督が2月8日〜10日に訪韓する。

観客動員数300万人を突破したら、再び韓国を訪ねるというヒット公約を掲げた新海誠監督は自身のSNSを通じて「『君の名は。』が中国とタイに続き、韓国でも歴代邦画の興行新記録を先ほど達成したとのこと。心より感謝です!」と感謝の挨拶を伝えつつ、「来月、ご挨拶にもう一度訪韓いたします」と訪韓を予告した。

公約の実行に乗り出す新海誠監督は観客との対話、ショーケースなど、多彩な劇場イベントを通じて韓国の観客と再び会う予定だ。

「君の名は。」は観客動員数300万人の突破を記念して制作されたスペシャルポスターも公開した。映画の決定的なクライマックスシーンを収めたスペシャルポスターは、映画とは別にキャラクターデザインを担当した田中将賀が自ら描いた作画ということでさらに特別だ。

「君の名は。」は夢の中で入れ替わる都会の少年立花瀧と田舎の少女宮水三葉、会ったことのない二人が作っていく奇跡と恋を描くストーリーだ。