24日、中国陝西省漢中市でこのほど、中国で国家1級保護動物に指定されているトキをパチンコで撃ち殺そうとしたとして、地元警察当局は近くに住む24歳の男を希少動物捕獲、殺害未遂などの容疑で逮捕した。写真はトキ。

写真拡大

2017年1月24日、華商網によると、中国陝西省漢中市でこのほど、中国で国家1級保護動物に指定されているトキをパチンコで撃ち殺そうとしたとして、地元警察当局は近くに住む24歳の男を希少動物捕獲、殺害未遂などの容疑で逮捕した。

男は16年12月19日午後8時ごろ、市内を流れる漢江沿いへ友人(15歳)ら2人を車に乗せ、一緒に釣りに出かけた。川沿いの木に鳥が多くいたため、持っていたパチンコで狙いをつけて1羽を撃ち落とし、拾ったプラスチック袋に入れて持ち帰った。その後、男がネットで調べたところ、鳥はトキと判明。驚いた3人はトキが入った袋をそのまま川に投げ捨てた。

一方、川沿いの派出所にいた警官がこの一部始終を目撃。不審に思って職務質問したところ、3人は「死んだ魚を入れた袋を投げ捨てた」とうそをついたという。翌20日午前8時ごろ、現場近くにいた作業員が鳥の死がいが入った袋を発見し、警察に届け出た。国家林業局などが調べたところ、死がいはトキと判明。警察は男ら3人を希少動物捕獲、殺害未遂などの容疑で逮捕した。(翻訳・編集/大宮)