「フロントフェイス」を自由にデザイン アラームやゲームも

写真拡大

イヤホンやケーブルなどの音響機器を扱うWiseTech(ワイズテック、東京都台東区)は、米Divoom(ディブーム)製Bluetoothスピーカー「TimeBox(タイムボックス)」を2017年1月27日に発売する。121灯(11×11)のRGB LEDディスプレイを搭載し、電話や「Twitter」「Facebook」「LINE」などSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)受信時にランプで表示。ハンズフリー通話にも対応する。

電話やSNS受信時にお知らせ

3インチのフルレンジスピーカーを内蔵。iOS/Androidスマートフォンの専用アプリを使用して、ディスプレイの変更やデザインができる。78色から選択でき、アニメーションは最大12コマまで作成可能。またプレインストールされたデザインも使用できる。

FMラジオ(周波数76.0〜91.0MHz)、スリープ、アラーム、ゲームなどの機能を備える。

Bluetooth 4.0をサポートし、対応プロファイルはA2DP/AVRCP/HSP/HFP。容量2500mAhリチウムイオン電池を内蔵し、約3時間の充電で約6時間の連続再生が可能だ。

カラーはブラック、アイボリー、レッド、ホットピンク、ブルー、ホワイトの6色。

直販サイト「WiseTech Direct」での価格は8480円(税込)。