チソン主演「被告人」視聴率上昇…14.9%で同時間帯1位

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
「被告人」の視聴率が上昇し、同時間帯トップを占めた。

25日、視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、韓国で24日に放送されたSBS月火ドラマ「被告人」(脚本:チェ・スジン、演出:チョ・ヨングァン) は、全国視聴率14.9%を記録した。これは前日の放送分が記録した14.5%より0.4%上昇した数値で、月火ドラマ1位を占めた。

この日の放送では、ミノ(オム・ギジュン) の死に疑問を持ち、遺体の身元確認に乗り出したジョンウ(チソン) の様子が描かれた。

「被告人」は、娘と妻を殺した濡れ衣を着せられ死刑囚となった検事のパク・ジョンウのストーリーを扱う。チソン、オム・ギジュン、少女時代のユリ、オ・チャンソクなどが出演する。

一方、同時間帯に放送された月火ドラマMBC「ハイクラス〜私の1円の愛〜」とKBS 2TV「花郎(ファラン)」は、それぞれ4.3%と10.5%の視聴率を記録した。