「ちびレイ」が安全運転や健康を「敏腕サポート」

写真拡大

カーナビゲーションなどカー用品を手がけるユピテル(東京都港区)は、GPS(全地球測位システム)を搭載した腕時計型ウェアラブルデバイス「Lei Watch(レイウォッチ)」を2017年2月初旬に発売する。

「オービス監視」「居眠り検知」/脈拍や歩行・走行距離表示

ユピテルのオリジナルキャラクター「霧島レイ」をデフォルメ化した「ちびレイ」が、自動車の運転中や普段の生活の様々なシーンで、ユーザーに注意を促したり、話しかけたりする。

車載機ではなくユーザーが身に着けるので、マイカーのほか社用車やレンタカーなどでも活用できる。

登録されているGPSターゲット(自動速度取締機)に近づくと音声と表示で警告し、うっかり違反を防止する「オービス監視」、脈拍から眠気を検知し、音声と表示で居眠り運転を抑制する「居眠り検知」など安全運転をサポートするモードを搭載。

また、ウォーキングやランニングの際に脈拍や歩行/走行距離の表示や、トレーニング履歴の確認が可能だ。そのほか簡易スケジュールやアラームなどの便利機能を備える。

「ちびレイ」のキャラクターボイスは声優・沢城みゆきさんが担当。300フレーズ以上の音声を収録する。

価格は3万8800円(税込)。