子どもの頃からスマホが当たり前な世代ならソフトバンクが常識に!?広瀬すずさんと大原櫻子さんが出演するSoftBankの新CM「SUPER STUDENT」を発表【レポート】
ソフトバンクが学割の新CMを発表!

既報通り、ソフトバンクは16日、都内にて新サービス発表会「SoftBank 2017 Spring」を開催し、18歳以下を対象とした新しい学割サービス「学割モンスター U18」を発表、これに伴って従来の学割を「学割モンスター U25」と改めた。

ソフトバンクは発表会をしばらく行っていたため新商品の発表などにも期待したのだが、今回は春商戦に向けた学割と新サービスの発表のみ。発表された学割や新サービスの内容についてはすでに公開しているレポートを参照して欲しい。

とはいえ、ソフトバンクとしても「スマートフォン(スマホ)」を初めて持つ人を獲得できる春商戦はしっかりとその存在をアピールしておきたいところだ。一般的にクレジットカードを持つ大学生であれば”格安料金”の仮想移動体通信事業者(MVNO)を自ら選択するという機会もあると思うが、契約の決定権がある親にある18歳未満を対象とした料金プランを打ち出したことにその意図が読み取ることができる。

さて、この発表会にて公開された新CMには「スマホが当たり前の世界に生きている学生」というテーマで描かれている。ここからはゆる〜く、新CM発表に合わせて行われた広瀬すずさんや大原櫻子さんらが登壇したゲストトークセッションについて紹介していく。


司会は学割にちなんで学生服姿のフットボールアワー後藤輝基さん。後藤さんは広瀬さんと大原さんを紹介すると「先ほど(CMに)驚く方が出ていましたけど、この方が来てくれているそうなんです。それでは登場して頂きましょう!」とゲストを呼び込んだ。




現れたのはジャスティン・ビーバーに扮した後藤さんの相方の岩尾望さん。岩尾さんは「ど〜もぉ、ジャスティン・ビーバーです」と颯爽と登場。後藤さんは「お前、よくそれで出てこれたな!断る勇気も大事やで」と諭す。

しかし岩尾さんは「ジャスティン・ビーバーに生で会うたことあるのか?実際会うたらこんなやで」と主張するも、「全然ちゃうやろ」という後藤さんにツッコまれていた。


こうしたやりとりのなか、岩尾さんが「ジャスティン・ビーバーを期待していたみなさん、すみませんでした」と深々と頭を下げると、後藤さんは「禿げとるやないかとお前」とツッコミ、これには広瀬さんと大原さんも笑い出す。


広瀬さんから「今のこの漫才がテレビで観てたものだと」という感想が出ると、後藤さんは「いやいや、そんなクオリティー高なかったですけどね」と謙遜し、大原さんも「普通に楽しんでいました、この時間を」と楽しんでいたようだった。


ソフトバンクが打ち出す「SUPER STUDENT」という学割について広瀬さんが「私たちは子どもの頃からスマホが当たり前にあって育ってきた世代なので、そんな私たちのことをSUPER STUDENTと言っています」と説明した。

携帯を持ち始めたのが中1の時だったという広瀬さんに後藤さんは「そっか……、我々の世代とは違いますよね」コメント。

CMの序盤はワンカットで撮影したということで広瀬さんは「ワンカットで回して撮ってて、セリフをひたすらしゃべってタイミングを合わせてさくちゃん(大原さん)が入って、そこで二人でハモってといったタイミングが凄く難しかった」と語り、何回か撮り直したことを明かした。

大原さんは「タイミングを合わせようとすると、なかなか合わなくて」と撮影の大変さを語っていた。


最後に広瀬さんから「ソフトバンクでSUPER STUDENT、是非よろしくお願いいたします」、大原さんは「学生ならソフトバンク、これからの常識です」とソフトバンクの学割をアピール。

【広瀬すずさん、大原櫻子さん、フットボールアワーによるゲストトークセッション動画】

動画リンク:https://youtu.be/raN2oOite3E

なお、「SUPER STUDENT 「宣言」篇」のCMは1月21日よりオンエアされており、60秒のロングバージョンはソフトバンクのCM情報ページで視聴可能だ。



記事執筆:mi2_303


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ