写真提供:マイナビニュース

写真拡大

タレントのホラン千秋(28)が、4月3日よりTBSの夕方のニュース番組『Nスタ』(毎週月〜金曜15:50〜19:00)のキャスターに就任することが25日、明らかになった。

バラエティ番組から情報番組、そして女優としてドラマにも出演するなど幅広い才能を発揮しているホラン。ニュースへの関心も高く、これまでも各局の報道・情報番組でキャスターやコメンテーターとして経験を積み、最近では、昨年末のTBS系『報道の日2016』に出演し、社会的な問題意識にあふれたコメントを展開した。

キャスター就任にあたってホランは、「『Nスタ』のキャスターを務めさせて頂けること、大変光栄に思います」と心境を告白。「良いニュースも、ときには辛いニュースもお伝えしなければならないこともあると思います。でもどんな瞬間も、今の日本を、これからの世界を、視聴者の皆さまと共に考え、見届けていけたらと思っています」と意気込んでいる。

制作プロデューサーの谷上栄一氏は、「ホランさんはとにかく反応が早い。夕方の時間は、ニュースが動いている時間。ホランさんの瞬発力に期待している」と起用の理由を明かす。

ホランは、新たにメインキャスターに就任する井上貴博アナウンサー(32)とタッグを組み、ニュースを読み、専門家や報道記者とのニュース解説にも挑戦。また、エンタメ情報や天気など、ジャンルを問わず担当し、ニュースの現場にも積極的に飛び込んでリポートをしていく。新『Nスタ』のキャスター陣には、井上アナとホランのほか、国山ハセンアナウンサー(26)も加わる。

(C)TBS