エマ・ワトソン主演で注目を集める実写映画「美女と野獣」は4月21日(金)から公開される/(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

写真拡大

4月21日(金)から公開されるエマ・ワトソン主演の実写映画「美女と野獣」が、4月29日(祝・土)、30日(日)に、公開中の映画作品では世界初となるライブ・オーケストラ公開が決定。1月25日(水)昼0時からチケットの最速先行販売が開始となる。

エマ・ワトソンからニューイヤーコメントも

今なお愛され続けている不朽のディズニー・アニメーション「美女と野獣」を、主演にエマ・ワトソンを迎え、ディズニーこん身の実写映画として注目を集める本作。

そんな本作の全編を90人の東京フィルハーモニー交響楽団のフルオーケストラ生演奏と合わせて楽しむ上映を、4月29日、30日の2日間で4公演、東京国際フォーラム・ホールAにて開催することが決定した。

'91年にアメリカで公開されたディズニー「美女と野獣」は、アニメーション映画として史上初めてアカデミー作品賞にノミネートされただけでなく、同時に3曲が歌曲賞の候補に挙がるなど、音楽の持つ力が高く評価された。

オスカーを受賞したテーマソング「美女と野獣/Beauty and the Beast」をはじめ、「朝の風景/Belle」「ひとりぼっちの晩餐会/Be Our Guest」など、今も世界中で愛され続けている名曲ぞろいだ。

26年の時を経て実写化された本作には、アニメーション版に登場した全てのミュージカルナンバーが使われている上、ディズニー音楽の巨匠アラン・メンケンが書き下ろした楽曲は、3曲の新曲が加わっている。そんな美しくエモーショナルな楽曲がそろった本作の世界観をより壮大に感じられる生演奏での上映。

指揮をニコラス・バックが務め、オーケストラ東京フィルハーモニー交響楽団が、巨大なスクリーンに映し出される映像に合わせてサウンド・トラックを忠実にシンクロ演奏するシネオケのフォーマットで上映される。

ディズニーによる劇場公開中の映画作品での開催は世界初となり、エマ・ワトソンとライブのオーケストラの共演を楽しめる新しい映画鑑賞体験ができる仕様となっている。

エマ・ワトソンが演じる美しいベルと野獣の愛の物語を大スクリーンで楽しみながら、オーケストラの生演奏も堪能できるプレミアムな体験はいかが。