金正恩氏

写真拡大

北朝鮮の金正恩党委員長の異例の「自己批判」が北朝鮮全土で面倒なことを引き起こしている。

金正恩氏は今年1月1日、その年の施策方針を示す「新年の辞」で自己批判らしき物言いで殊勝な一面を見せた。これには昨年7月に韓国に亡命したテ・ヨンホ元駐英北朝鮮公使も「北朝鮮に身を置いて生きてきた私も本当に驚く」と述べたという。

処刑前の動画を公開

一方、韓国の情報機関、国家情報院傘下の国家安保戦略研究院は、自己批判の裏には自身が率先して自責しながら、幹部の自己批判を誘導し、大々的な粛清と世代交代を推進していくつもりだという狡猾な狙いが込められていると分析している。

そもそも、金正恩氏は幹部に対するほんの小さなミスを許さず、極めて些細な理由で粛清・処刑を行ってきた。一昨年、スッポン養殖工場を現地指導した際は、管理不行き届きに激怒し、その後支配人を銃殺させた。それだけでなく、そのときの様子を動画で公開しながら、幹部や一般庶民に恐怖心を植え付けた。

(参考記事:【動画】金正恩氏、スッポン工場で「処刑前」の現地指導】

そんな金正恩氏が、本心から自己批判するとは到底思えない。そして、余計な一言を受けて北朝鮮全土では、「元帥様(金正恩氏)にご迷惑とご心配をおかけしたのは私のせいです」など、厳しい自己批判を強いる流れ、いわば「反省大会」が起きているのだ。

北朝鮮の対外向けプロパガンダサイト「メアリ」は、「茂山(ムサン)郡住民すべてが自責の涙を流しました」と題した記事で、「悪いのは元帥様ではなく自分だ」と自分を責める咸鏡北道(ハムギョンブクト)の茂山の住民の声を伝える。

同郡の人民委員会(郡庁)のキム・チュンソン副委員長は、「われわれは元帥様をまごころで仕えると言っていたが、言うだけで、党の構想と意図を貫徹するための闘争において、我が身をロウソクのように燃やしたのだろうか。いや、できなかったことを告白する」と反省の弁を述べ、「新年の辞貫徹のために戦闘的に働く」と固く誓ったという。

「ブタ」呼ばわり

また、昨年8月末の大洪水で被災したリ・オクシムさん(58歳)は、「自らを責められる敬愛する元帥様のお姿を思い起こし泣きました。人民の幸せのためにできることはすべてなさったというのに、それでも足りないと自らを責められる敬愛する元帥様は人民の真の偉大なオボイ(父母)でいらっしゃいます」と改めて正恩氏を賞賛した。

茂山鉱山連合企業所の功勲鉱夫のチ・チョルリョンさん(68歳)は、「一言一言に人民愛が脈打つ新年の辞を聞いて感激を禁じ得ない。おいぼれて掘削機は持てなくなったが、敬愛する元帥様の領導を奉じることの先頭に立つ」と誓いの言葉を述べた。

幹部は反省の弁を述べているが、庶民らは自己批判するというよりも、真摯な金正恩氏を称えるという内容だ。そもそも正恩氏が自己批判したからといって、庶民らがそれに乗じて表だって責め立てることなどできるはずもない。その反面、裏では正恩氏に対する酷い悪口も囁かれている。昨年8月、「大同江(テドンガン)ブタ工場(養豚場)」を現地指導した正恩氏に対して、庶民らは喜々としてあれこれと揶揄したという。

対外的には衝撃をもって受け止められた金正恩氏の自己批判だが、庶民らは「いまさら余計なことを言いやがって」ぐらいの冷めた受け止め方をしているのかもしれない。