24日、アパホテルを運営するアパグループは南京大虐殺の存在を否定した書籍を客室から撤去しない方針に変更はないとの意向を示した。冬季アジア大会で選手村として使われる札幌市南区のホテルについては、大会組織委から正式な要請があれば客室から撤去するとした。

写真拡大

2017年1月24日、アパホテルを運営するアパグループは、南京大虐殺の存在を否定した書籍を客室から撤去しない方針に変更はないとの意向を示した。また、冬季アジア大会で選手村として使われる札幌市南区のホテルについては、大会組織委員会側から正式な要請があれば客室から撤去するとした。環球時報が伝えた。

アパグループは24日夜、中国国家旅遊(観光)局の報道官が、中国国内の旅行会社に対して、アパホテルを使用する旅行商品の販売や宣伝を中止するよう求めたことについてニュースリリースを出し、「政府が一民間企業の活動を個別に批判することに対しては疑問を感じますが、中国政府の政策に対してこちらがコメントする立場にはないと考えます。なお、本件によって書籍を撤去しない方針に変更はありません」とした。

また日本メディアによると、2月の冬季アジア大会で選手村として使われる札幌市南区のホテルについては、大会組織委側から正式な要請があれば、客室から撤去するとの意向を明らかにした。(翻訳・編集/柳川)