「愛され妻」は夫からの「呼ばれ方」がちがう!? 「愛妻家」調査データ!

写真拡大

ウエディングパークが、1/31が「愛妻の日」であることから、20代〜30代の女性113人を対象に「愛妻家」に関する調査を実施し結果を公開しました。

■パートナーに愛されている実感のある女性の割合

本調査で、『パートナーから日常的に「愛されているな」という実感がありますか(単一回答)』という質問に「はい(91.2%)」と9割以上の回答がありました。

●回答者の「愛され」エピソード

・毎日好きや可愛いと言ってくれる(20代後半)

・小さな体調の変化を気にかけてくれ、私の悩みを自分のことのように考えてくれる(20代後半)

・「愛している」と言葉で伝えてくれる(30代前半)

■既婚者の9割以上の女性が「私の夫は愛妻家」

さらに既婚者の方限定で『あなたのパートナーは愛妻家だと思いますか(単一回答)』という質問にも、「はい(91.6%)」と回答があり、日常的に愛されている実感がある方が非常に多い結果となりました。

●私の夫は愛妻家! 自慢の夫エピソード

・記念日だけでなく、クリスマスやいい夫婦の日など、節目でプレゼントや感謝の気持ちを伝えてくれる(30代前半)

・私のことを友人などに紹介してくれて、少し自慢そうにしてくれる(30代前半)

・休みの日には私の行きたい所に連れて行ってくれたりと、何かと私を優先してくれる(30代前半)

■「愛され妻」のパートナーからの呼ばれ方ランキング

1位:下の名前で呼び捨て(49票)
2位:下の名前にちゃん付け(22票)
3位:ふたりだけのあだな(21票)

本調査で、『パートナーからどんな呼ばれ方をしますか(単一回答)』という質問に、愛されている実感があると回答した方の回答をみると、「下の名前で呼び捨て(49票)」、「下の名前にちゃん付け(22票)」、「ふたりだけのあだな(21票)」という順に票が集まりました。下の名前の呼び捨てが最も多く、かつそれは既婚者の方の場合、結婚してもおつきあいしていた当時からずっと変わらぬ呼び方であるという方が多くいることがわかり、何年経っても変わらぬ愛情が呼び方からも伺える結果となりました。

●呼ばれ方からもわかる、愛され妻エピソード

・子どもの前ではママだけど、二人のときは下の名前で呼んでくれている(30代前半)

・付き合っている頃からずっと同じ呼び名(30代後半)

・ふざけてにゃんにゃん言っていたら、いつの間にか全ての語尾ににゃんが付くようになり、名前にもにゃんが付いた(20代後半)

■「愛妻家」男性芸能人ランキング

1位:佐々木健介
2位:藤本敏史(FUJIWARA)
3位:つるの剛士

本調査で、『「愛妻家」だと思う男性芸能人を教えてください(複数回答)』という質問をしたところ、最も票が集まり1位になったのが、佐々木健介、続いて2位が藤本敏史(FUJIWARA)、そして3位がつるの剛士という結果になりました。この3人は、愛妻家としてのイメージが強いことがわかりました。

●佐々木健介の印象

・妻である北斗晶さんや子供のことが大好きなのが伝わってくる(20代後半)

・お互いを思いやり、大事にしているのが伝わる(20代後半)

・北斗晶さんといる時が 1 番幸せそうな顔をしているから(30代前半)

●藤本敏史(FUJIWARA)の印象

・SNSでいつも家族仲良しの写真を見るから(20代後半)

・育児や家事に積極的に参加して自分も楽しんでいるように見える(20代後半)

・ユッキーナの話をしている顔に愛が溢れている(30代前半)

●つるの剛士の印象

・妻や子供のことが大好きなのが伝わってくる(20代前半)

・育休をとったり、良いパパ、なイメージがある(30代後半)

・インタビューなどでよく妻の自慢をしているのを見る(20代後半)

[調査概要]

表題:「愛妻家」に関する実態調査
調査主体:ウエディングパーク(ガールズスタイル LABO)
調査方法:インターネット調査
調査期間:2016年12月19日(月)〜12月25日(日)
有効回答:20代〜30代の女性113人

(マイナビウーマン編集部)