写真提供:マイナビニュース

写真拡大

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、コンパクトSUV「ティグアン」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーで発売した。全長を70mm延長するなど大型化し、広々とした室内を実現している。

新型「ティグアン」はフォルクスワーゲンの生産モジュール「MQB」をSUVシリーズとして初めて採用した。全長は従来モデルより70mm伸びて4,500mmとなり、全幅も30〜50mmワイド化した1,840〜1,860mmとなっている。全高は35mm低い1,675mmとなった。

パワートレインには、気筒休止システム「ACT」に加え、アイドリングストップ機能、ブレーキエネルギー回生システムを備えたブルーモーションテクノロジー付の1.4リットルTSIエンジンと、6速DSGを採用。JC08モード燃費は16.3km/リットルで、従来モデルより約10%改善している。

インターネットとの接続性を高める機能「Car-Net」を全車に標準装備した大きな特徴。最新の情報による目的地検索や最適なナビゲーション機能が強化され、「つながるSUV」としての新しい価値を備えた。3つの通信プロトコルに対応した「App-Connect」も全車に標準装備し、iOSやAndroidのスマートフォンをUSB接続すれば、アプリを車載ディスプレイで楽しめる。

価格は「ティグアン TSI コンフォートライン」が360万円、先進装備を充実させた「ティグアン TSIハイライン」が433万2,000円、専用の内外装を備えた「ティグアン TSI R-Line」が463万2,000円となっている(価格はすべて税込)。

(山津正明)