「結婚しない」とわざわざ宣言する女性は、本心なのか?

写真拡大

 コラムニストの勝部元気です。

「私、一生結婚しません」
「結婚したいと思ったことがありません」

 近年、そう宣言する女性が増えているように感じます。

 実際、明治安田生命福祉研究所の調査(※)によると、「結婚したい」と回答した20代未婚女性は、2013年の82.2%から、2016年は59.0%へと激減しています。

 結婚したくないと考えている女性が増えているのです(20代〜30代の男女で、いずれも「結婚したい」は激減)。

「どうせ相手がいないからそう言っているだけで、本当は結婚したいんじゃないの?」と感じる人もいるでしょうが、そうではないと私は思います。“結婚しない宣言”する人の中には、長期的なパートナーがいて満足している人も少なくないのです。

 では、なぜ彼女たちは「結婚しません」と宣言するのでしょうか?

◆独身でいる事情、8つのパターン

 そもそも、人が独身でいる理由には様々なパターンがあります。ここでは大まかに8通りのパターンに分けてみました。

〃觝Г靴燭い韻鼻△修隆望を叶えられていない
特定のパートナーを持つ生き方は否定しないけれど、結婚制度・文化に従うことには否定的
F団蠅離僉璽肇福爾鮖つ生き方に否定的な肉食系遊牧民
て団蠅離僉璽肇福爾鮖つ生き方に夢や希望を持っていない草食系女子
ッ棒が嫌いなのでパートナーを持ちたいと思わない
Ε▲札シャル(無性愛者)なのでパートナーを持ちたいと思わない
Д譽坤咼▲鵑覆里如仮に結婚したいと思っていても現在の日本の制度上選択できない
┘薀ぅ侫妊競ぅ鵑砲弔い討隆望がなく、とりあえず流れに任せている

 もちろん 屬靴燭い韻匹任ない」が最もオーソドックスなパターンなので、独身者というと,鯀杼しがちです。が、近年は◆銑┐増えていると実感します。

◆パートナーがいても結婚しない人の理由

 特に注目すべきは、△里茲Δ法班當未卜愛をして長期的なパートナーがいるけれども、結婚には否定的”という人でしょう。

「彼氏の家族はいい人たちだけど、自分の家族(姻族)になるのは嫌だ」と考える人や、

「彼氏と住生活の価値観が違って、一緒に住むときっと破綻してしまう」と考える人、
「夫婦別姓がいいから事実婚を選択する」など、

 理由は様々ですが、自分の価値観と今の結婚のあり方に何かしらのズレを感じている人が多いように思います。

 ちなみに私自身も、できればユニオン・リーブル(≒事実婚)が良いと思っているタイプなので、この△任后

◆「結婚しない」と宣言するメリットは?

 さらにもう一つのポイントは、結婚しないと決めているだけではなくて、それを公言する女性が徐々に増えていることだと思います。

 たしかに周りからの圧力が弱まったから宣言しやすくなったのですが、圧力自体はゼロではありません。だから、結婚に心底興味がなくても、黙っていれば、,痢峽觝Г靴燭い韻百衙召叶えられない」タイプだと周囲から思われて、不要な圧力を受けてしまう。でも、先に宣言をしておけば、不要な圧力をある程度避けることができます。

 もし「長期的なパートナーは欲しい」という人なら、「結婚しない宣言なんてしたら、男に避けられてしまう」と思うかもしれません。ですが、結婚願望のある男性が寄ってこなくなるので、むしろ願ったりかなったりなわけです。

 このように、あえて結婚しないと宣言することは、メリットが大きいのです。

◆日本の結婚は「お鍋」みたいなもの

 日本の結婚は「お鍋」みたいなもので、様々なものがまとめて放り込まれています。

 家を一緒にする、苗字を一緒にする、戸籍を一緒にする、財布を一緒にする、家系が一緒になる、一緒に子供を育てる等々。