Appleは日本時間25日未明、iOS10.3の最初のベータ版を開発者向けに公開しました。「AirPodsを探す」などの新機能が追加されています。

AirPodsを地図と音声で捜索可能に!

iOS10.3ベータの新機能のうち、ひときわ目を引くのは「AirPodsを探す」機能の追加です。
 
iPhoneとAirPodsのBluetooth通信を使って、おおよその位置を地図上に表示できるほか、AirPodsから音声を流して探すことが可能となっています。音声を流す前に、AirPodsが耳に残っていないことを確認するよう注意が表示され、音声の再生時は徐々に大きくなっていくそうです。
 
また、AirPodsの片方だけが見つからない場合に、片方を買い足すまで見つからないほうを無効化できる機能も搭載されています。

同様の機能を持つアプリが削除される騒ぎも

先日、Buletoothの信号強度を利用してAirPodsを探せるアプリ「Finder for Airpods」が公開されたものの、数日後に「App Storeに相応しくない」という理由で削除されたことが話題となっていました。
 
iOS10.3での同様の機能追加がアプリ削除に関係しているとみてよさそうです。

「シアターモード」の追加は見送り?正式版公開は3月か

9to5Macによると、iOS10.3のコントロールセンターに追加されると噂のあった「シアターモード」は、このたび公開されたベータ版には追加されていないものの、watchOSに関する記述には含まれている、とのことなので、今後のベータ版で追加される可能性もあります。
 
Podcastアプリのデザイン変更、新しいApple File System (APFS)への対応などの新機能等が判明しています。このほかの新機能については、詳細が判明次第お伝えします。
 
9to5Macは、昨年、ナイトシフトモード等の新機能を追加したiOS9.3の最初のベータ版が1月11に開発者向けに公開され、正式版が3月21日公開だったことから、iOS10.3も正式版公開は3月だろう、と報じています。

 
 
Source:9to5Mac (1), (2)
(hato)