「株式インデックス型」のおすすめ投資信託はコレ! 日経平均、先進国、新興国など、5つのタイプ別に 成績に直結する「信託報酬」が安い投資信託を紹介!

写真拡大

信託報酬が圧倒的に安い、おすすめの「株式インデックス型」投資信託とは? 現在発売中のダイヤモンド・ザイ3月号では、大特集「2017年の主役が勢揃い!最強日本株&投信番付」の中で、投資信託をいくつかのジャンルに分けて、その成績から相撲の番付形式でランキングを紹介している。

今回はその中から、「株式インデックス型ファンド」のランキングを一部抜粋して公開! ひと口に「株式型」といっても「日経平均型」や「先進国株型」など種類がある。ここでは、各種株式型インデックスファンドの「横綱」に選ばれた5つの投資信託を紹介しよう!

インデックス型投資信託は低い運用コストに注目!

 株価指数への連動を目指す「株式インデックス型」の投資信託は、運用方法がすべて同じため、信託報酬の高低が成績に直結する。そこでダイヤモンド・ザイ編集部では、信託報酬の低い順にランキングを作成(※信託報酬が同率の場合は販売会社の多いほうを上位にした。データは2016年12月末時点のもの)。

 日本の株式に投資するタイプは「日経平均型」と「TOPIX型」の2つに。世界の株式に投資するタイプは「先進国株型」「新興国株型」、両者に投資する「グローバル株型」の3つに分けた。

 ここからは、5つのジャンルの株式インデックス型ファンドの中で、それぞれランキング1位(横綱)になった銘柄を紹介していこう!

ニッセイノーロードシリーズが日本株型や先進国株型の横綱に!

 まず「日経平均型」の横綱には、「ニッセイ日経平均インデックスファンド(ニッセイ)」が選ばれた。2016年11月に設定されたばかりだが、画期的なほどコストが安い。信託報酬は0.2%未満と最安。販売手数料はゼロで、換金時の手数料、信託財産留保額もゼロなのは魅力だ。

 続いて「TOPIX型」の横綱には、「ニッセイTOPIX インデックスファンド(ニッセイ)」が選ばれた。これは、「ニッセイ国内株式インデックスマザーファンド」に投資して「TOPIX(配当込み)」の動きに連動する投資成果を目指す投資信託で、前出の「ニッセイ日経平均インデックスファンド」と同様に、信託報酬は0.2%未満。販売会社は「ニッセイ日経平均インデックスファンド」よりも2社多い。

「先進国株型」の横綱は、「ニッセイ外国株式インデックスファンド(ニッセイ )」となった。この投資信託は、日本を除く主要先進国の株式で構成される「MSCIコクサイ・インデックス」に連動する商品。前出の「ニッセイ日経平均インデックスファンド(ニッセイ)」や「ニッセイTOPIX インデックスファンド(ニッセイ)」よりは信託報酬は高いが、それでも0.22%の運用コストで先進国株式全体に投資できる意義は大きい。

 すでにお気づきのとおり、ここまでの3部門で横綱となっているのは、すべてニッセイアセットマネジメントの「ニッセイノーロードシリーズ」。インデックス型投資信託の低コスト競争が激化する昨今、2016年11月に信託報酬を最安に引き下げたことが実った。

 続いて「新興国株型」では、0.37%の最安信託報酬を実現した「iFree シリーズ」の「iFree 新興国株式インデックス(大和)」が横綱に。2016年9月に設定されたばかりの新しい銘柄だ。

 中国、インド、インドネシア、メキシコなどの新興国の株価で構成されている「FTSE RAFIエマージングインデックス」に連動。長期的な成長が見込める新興国株に0.37%の低コストで手軽に投資できるのが魅力だ。

 最後に「グローバル株型」は、大型株も小型株も幅広く投資できる「三井住友・DCシリーズ」の「三井住友・DC全海外株式インデックスファンド(三井住友アセット)」が横綱に選ばれた。DC(確定拠出年金)と名がつくが、通常の投資信託と同様に売買できる。これは、日本を除く世界の株式市場の値動きを示す「MSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス」に連動する成績を目指す商品。世界の株式に幅広く投資したい人にうってつけで、その割に信託報酬は0.27%とかなり低い。

【※関連記事はこちら!】
⇒【証券会社おすすめ比較】2017年最新版!投資信託取り扱い数ランキング!
⇒インデックス投資で運用利益1000万円オーバー! 資産配分からポートフォリオ、積立方法まで、個人投資家・吊られた男さんの手法のすべてを公開!
⇒インデックスファンドとETFの二刀流で利益アップ! 運用成績+40%超のインデックス投資家・kenz氏の資産配分とポートフォリオ、おすすめ銘柄を紹介!