23日、中国の馬旭亮駐ドバイ副総領事は、中国人観光客4人がドバイ国際空港で偽米ドル紙幣を使用したとして身柄を拘束された事件を受け、春節休暇を利用して同地を訪れる中国人に対し、現地の法律を順守し、宗教や習慣を尊重するよう促した。写真はドバイ空港。

写真拡大

2017年1月23日、中国の馬旭亮(マー・シューリアン)駐ドバイ副総領事は、中国人観光客4人がドバイ国際空港で偽米ドル紙幣を使用したとして身柄を拘束された事件を受け、春節(旧正月)休暇を利用して同地を訪れる中国人に対し、現地の法律を順守し、宗教や習慣を尊重するよう促した。新華社が伝えた。

馬副総領事によると、中国人観光客4人は昨年12月28日、ドバイ国際空港で2800ドル(約31万5000円)分の偽米ドルで買い物をしたとして身柄を拘束された。4人が「米ドルは中国国内の複数の銀行で両替したものだ。旅行期間中、財布は常に目の届くところにあったわけではない」などと話していることから、総領事館は地元の警察当局に対し、さまざまな可能性を考慮して慎重に判断するよう求めている。(翻訳・編集/柳川)