img1_4

写真拡大 (全2枚)

 

画像元:http://www.alcatel-mobile.com/smartphones/idol4-4s/

 

「ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)」は、日本で販売されるSIMフリースマートフォンの中でも珍しい部類のスマートフォンと言えます。日本のSIMフリースマートフォン市場は、全世界で格安スマートフォンを提供している中国メーカーや台湾メーカーに占められており、日本メーカーのSIMフリースマートフォンはどうしても価格が高くなってしまいがちなので、日本メーカーが苦戦を強いられている状況が続いています。

このような日本におけるSIMフリースマートフォン市場に登場したのが、「ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)」なわけです。珍しい部類のスマートフォンと言える要因としては、フランスメーカーのスマートフォンであり、アジア系メーカーが多くを占めるSIMフリースマートフォン市場に登場した欧州系メーカーのスマートフォンなわけですね。

実は、前モデルである>「ALCATEL IDOL 3(アルカテル アイドルスリー)」は日本でも販売されており、3万円以下でありながら、洗礼されたデザインと当時としてはその価格帯で珍しい5.5インチディスプレイとフルHDの解像度を備えたスマートフォンとして注目されました。

その最新モデルである「ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)」がどのようなスマートフォンなのか詳しく見ていきましょう。

【公式サイト】Alcatel mobile | Japan - IDOL4 - Smartphones

 

■価格を抑えつつも十分なスペック

画像元:http://juggly.cn/wpjuggly/wp-content/uploads/2016/06/Idol-480×444.jpg

ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)は、約3.5万円とSIMフリースマートフォンの中でも比較的にお求めやすい価格に設定されたスマートフォンです。目立つポイントとしては、同価格帯のスマートフォンと比較しても十分なスペックを保有しており、5.2インチのフルHDディスプレイは、大きすぎず、小さすぎずといった印象を受けるはず。メモリは3GBを搭載しているので、複数のアプリを起動させたとしてもストレスなく快適な操作を実現しています。

本体ストレージに16GBと同価格帯のスマートフォンと比べると目立った印象はなく、スマートフォンでゲームなどをプレイしないユーザー層にはぴったりではないでしょうか。

最大の特徴として、前モデルの特徴でもあったデザイン面でしょう。ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)のデザインは、上下対象のデザインになっており、両面ガラス使用でサイドはアルミバンパーになっています。背面ガラスは、角度を変える事で違う印象を受けるもので、スマートフォンをおしゃれに使っていきたいユーザーは注目しておきたいところです。

■標準でVR体験ができるスマートフォン

ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)が注目されているポイントの一つにVRが挙げられます。他社のスマートフォンもVRに対応していますが、専用のVRゴーグルを用意しなければいけませんでした。しかし、ALCATEL IDOL 4(アルカテル アイドルフォー)は、本体が入っている箱自体がVRゴーグルになっているので、購入してすぐにVR体験をすることが可能です。