1

By Pe_Wu

事業に成功し、巨万の富と名声を手に入れたビリオネア(億万長者)が最後に手に入れたいものは「安住の地」なのかもしれません。シリコンバレーの成功者たちの間では、来たるべき社会の大変異に備えて準備する動きが強まっているようです。

Silicon Valley billionaires are ‘prepping’ to survive in underground bunkers - Recode

http://www.recode.net/2017/1/23/14354840/silicon-valley-billionaires-prepping-survive-underground-bunkers-new-yorker

この世の中であらゆるものを手に入れられるようになったビリオネアの間では、今後起こり得る「ドゥームズデイ(最後の審判の日)」の際にも安全に身を守るための準備を行う人が多くなっており、そのような人のことを英語で「準備する」を意味する「prep」をもじって「preppers(プレッパーズ)」と呼んでいます。

SNSサイト「LinkdIn」の共同設立者であるリード・ホフマン氏によると、シリコンバレーでpreppersムーブメントが興っている原因は、進化の著しいAI(人工知能)による大きな社会の変化に備えるためのものとのこと。すでに相当な進化が進んでいるAIですが、今後進化のペースがさらに速まり、人間の能力を超えてしまうシンギュラリティー(技術的特異点)が訪れると、今の人間の知能では到底考えもつかないような社会の姿が訪れるとも予測されています。



By Didier Mathieu

実際にはどのような変化が訪れるのか、現時点では誰も正確に予測することはできませんが、世界がシンギュラリティーに達することはほぼ間違いないとみられています。preppersは、そんな社会の到来を見据え、どのような変化が起こっても安全に暮らせるための環境作りを着々と進めているようです。

そんなpreppersの間で人気があるのが、かつては軍が使用していた施設を買い受けて、居住用に改造することといいます。あるビリオネアは、かつて住宅のブローカーから、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を格納していたミサイルサイロの購入を持ちかけられたこともあるとのこと。国防の要として建設されていた軍事施設は、核攻撃にも耐えられるだけの防御力を備えており、有事の際には一歩も外に出ずに長期間にわたって生活を続けるための施設が整えられています。

別のあるビリオネアは、所有しているヘリコプターには常に燃料を満タンにしておき、空気清浄装置付きの地下室を所有しているとのこと。本人でさえも「極端な例」という準備の様子ですが、それでも彼の周囲には護身用の銃と脱出用のバイクを用意しておき、資産を守るために金貨を保管する、といった行動をとる人が、もはや珍しくはなくなっているそうです。



By jenswanson