インテリアとしての佇まいを意識

写真拡大

デザイン家電を手がけるamadana(アマダナ、東京都渋谷区)は、ドリームファクトリーが展開するトータルボディケアブランド「ドクターエア」とコラボレーションした「3Dフットマッサージャー amadanaモデル」を2017年1月19日に発表した。

「ドクターエア」とコラボ、インテリアと調和

「ドクターエア」は高い機能性の一方、生活空間になじむ「スマートデザイン」合わせ持つという新しい考え方をもったブランド。

Amadanaと「ドクターエア」を展開するドリームファクトリーは「暮らしに馴染む『癒し』」を体感型テクノロジーと称し、コラボレーションにより、インテリアとしての佇まいを持つ『健康カデン』を新しいカルチャーとして育てていくという。

「3Dフットマッサージャー amadanaモデル」は、シックな木目調のフロントパネルを備え、全体をダークブラウンの上品なトーンに。

マッサージは、3つのコースを搭載。▽エアーバッグがふくらはぎ周りを全体的に圧迫・刺激しポンプ機能を促す「ふくらはぎ」▽つま先からかかとまで覆うエアーバッグで、かかとをつまむようにマッサージしつつ足裏はローラーですっきりとなる「足」▽全てのエアーバッグが脚全体をとらえローラーとともにつま先からふくらはぎの血行を促進する「全体」――。

エアーの締めつけの強さは3段階から選べるほか、ローラーは単独でも操作できる。

ファスナーでスムーズに足を出し入れでき、中のカバーは取り外して洗濯可能。医療機器の認証を取得している。

価格は4万3800円(税込)。