がん治療で注目を集める新薬とは?

写真拡大

 がん治療の最前線で、ある新薬が注目を集めている。昨年、「夢の新薬」と話題になった「オプジーボ」と同じ悪性黒色腫(皮膚がんの一種)と肺がんに対する治療効果で厚労省から承認を得た「キイトルーダ」で、製薬大手の米メルク社が開発した免疫治療薬だ。医療経済ジャーナリストの室井一辰氏が解説する。

「がん細胞に直接作用するこれまでの抗がん剤と異なり、キイトルーダは患者の免疫機能を高めることでがん細胞を縮小させます。オプジーボに似た効果を持つため、ライバル薬とされています。

 さらに、キイトルーダは個別のがん細胞を狙い撃ちにするのではなく、体内の免疫細胞に作用するため、発症部位に関係なく様々ながんに効く“汎用性”の点で、オプジーボを上回る可能性があるとの指摘がある。この2つの薬が揃うことで、1つの治療薬で多くのがんを治せる可能性が一気に広がった。がんは『薬で治す』時代に向かっていくといえるでしょう」

 胃がんや大腸がん、食道がん、肝がん、前立腺がんなどを対象とした臨床試験が国内で進められており、更なる治療効果が期待されるキイトルーダだが、「薬価」はまだ決まっていないため、現在は一部の医療機関に限って無償提供されている。今年2月にも薬価の確定が予想されており、その後短期間で広く処方されるようになる見込みだ。

 これまでとは違ったアプローチで“がん細胞を殺す”新薬は、ほかにも続々と日本に“上陸”すると期待されている。

 昨年12月、大手医薬品メーカーヤンセンファーマが多発性骨髄腫(血液細胞の一つである形質細胞ががん化した状態)の治療薬として「ダラツマムブ」の製造販売承認を厚労省に申請した(アメリカでは2015年11月に承認済み)。

 ダラツムマブはがん細胞の表面にできたCD38という抗原(病原菌などの異物)にピンポイントで結合し、免疫機能を活性化することでがん細胞を攻撃するタイプの免疫療法薬である。日本では今年秋頃に承認が見込まれ、早ければ年内に販売開始されるとみられている。

 米バイオ医薬品大手のセルジーン社が「末梢性T細胞リンパ腫」治療薬として昨年9月に承認申請した「ロミデプシン」も医学界で注目されている。T細胞と呼ばれるリンパ球の一種ががん化するこの病気は症例が少ないこともあり、根治に至る治療法が確立されていない。

 そんな中、このロミデプシンにはがん細胞が“自滅”していくアポトーシス(細胞死)という効果が期待されており、優先審査の対象として年内にも販売される可能性があるという。

 こうした新薬が普及するうえで高いハードルとなるのが薬価の問題だ。オプジーボは高額がゆえに医療財政を圧迫するとして議論が起こり、厚労省は今年2月から、年間3500万円(体重60キロの患者)かかったオプジーボの薬価を1750万円に半減することを決めた。

 キイトルーダの予想価格は、薬価算定の基準が「類似の医薬品に合わせる」(厚労省保険局医療課)ため、オプジーボと同額程度になると予想されている。元東京大学医科学研究所特任教授で、医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏はこう指摘する。

「オプジーボは半額になっても欧米諸国に比べてまだ倍近い。今後、キイトルーダのような競合薬の登場によって、メーカー間で値下げ競争が始まれば薬価はもっと下がっていくはずです」

 ただし、がん新薬については効果と安全性が未知数な部分も多い。キイトルーダも下痢や倦怠感、発熱などの副作用が報告されており、「くれぐれもよく医師と相談した上での服用を心がけてほしい」(前出・上氏)とのこと。

 それでも、これまで延命治療のイメージが強かった抗がん剤とこれら新薬とは、明らかに一線を画す。

 1月17日には、京都大の本庶佑・名誉教授らの研究チームが、オプジーボと高脂血症の薬「ベザフィブラート」を“併用”することで、がんの治療効果が高まる可能性があるとして、肺がん患者への治験を始めることを発表するなど、可能性はさらに広がりつつある。

 手術、抗がん剤、放射線療法に次ぐ「第4の治療法」の選択肢が現実化してきた。

※週刊ポスト2017年2月3日号