マックルーマーズや9to5Macなどの米メディア報道によると、米アップルは「iPhone」などの同社製品のデザインを刷新するために、新たな生体認証システムを開発しているという。

光学式の指紋認証センサー

 これは、アップル製品の市場動向やサプライチェーン情報に詳しく、新製品や発売時期を当ててきたことで知られる台湾KGI証券のアナリスト、ミン・チー・クオ氏が1月21日に投資家向けに出した調査ノートで報告したもの。

 それによると、アップルが将来市場投入するiPhoneなどには、ディスプレーが本体前面すべてを覆うフルスクリーン(ベゼルレス)デザインが採用される見通し。

 そのためには、現在本体前面のホームボタンに組み込まれている指紋認証機能「Touch ID」のセンサーを、ディスプレーパネル下部に配置しなければならない。

 しかしアップルがiPhoneなどに採用している静電容量方式のセンサーではそうすることが困難。結果としてこのセンサーを用いる限り、フルスクリーンデザインは実現しないという。

 そこでアップルはディスプレーパネル下に配置することができる光学式指紋認証センサーの採用を検討している。一方で、アップルは将来のiPhoneでフレキシブルOLED(有機EL)ディスプレーを採用するとクオ氏は予測している。

 しかし光学式指紋認証センサーでは、フレキシブルOLEDディスプレーで生じる信号干渉の問題を解決しなければならず、量産体制を構築するのが困難、という別の問題が生じる。

 こうしたことから、アップルがこれらの技術を開発するにはしばらく時間がかかり、「iPhone 8」の名称で発売されると噂される今年の新モデルには光学式指紋認証センサーが搭載されない可能性があると、同氏は報告している。

より高度の顔認証技術でセキュリティ強化

 このほか、アップルはより高度のセキュリティ機能を実現するため、顔認証技術の搭載について検討しているともクオ氏は報告している。

 そして同氏はこの報告書で、将来のiPhoneなどでは指紋認証が廃止され、代わって顔認証システムが導入されると指摘。この顔認証システムは、iPhoneのアンロックをはじめとする様々な認証処理を行うことになるという。

 ただし、こちらも技術的な課題が予想されるため、ある一定期間は指紋認証と顔認証の両方式が採用される可能性があると同氏は述べている。

 そうした上で同氏は、「もし、アップルが直面している技術的な課題がそれほど大きなものでなく、今年のモデルへのこれら技術の導入が時期尚早ということでなければ、アップルの新システムはスマートフォンの生体認証にパラダイムシフトをもたらす」と指摘している。

2017年モデルに関する様々な観測

 マックルーマーズによると、今回のクオ氏の予測は、10周年アニバーサリーモデルとなる今年の新型iPhoneに関する従来の予測がベースとなっている。

 iPhoneの2017年モデルについてはこれまでに、OLEDディスプレーの搭載や、本体の端から端までをディスプレーが覆うデザインの採用、物理的なホームボタンの廃止、米エナゴウス(Energous)と協力して開発する遠隔無線充電機能、拡張現実(AR:augmented reality)の導入といった観測が出ている。

(参考・関連記事1)「iPhone 8は縁なしデザインに」
(参考・関連記事2)「拡張現実はまずiPhoneで実現か?」 

筆者:小久保 重信