「兄に愛されすぎて困ってます」新ビジュアル (C)2017「兄こま」製作委員会
(C)夜神里奈/小学館

写真拡大

 土屋太鳳主演で夜神里奈氏の人気漫画を実写映画化する「兄に愛されすぎて困ってます」の新ビジュアルが公開された。恋愛初心者の主人公・橘せとかを演じた土屋を、片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮の4人のイケメンが取り囲んでいる。

 映画は、恋愛に縁がない女子高生・せとかが、血の繋がっていない兄・はるか(片寄)や、初恋の相手であるセレブ研修医・芹川高嶺(千葉)らイケメンたちに次々に言い寄られることに困惑しながらも、本当に好きな人を見つけ出そうとする姿を描く。河合勇人監督がメガホンをとった。

 新ビジュアルでは、土屋に「恋に恋する女子高生」、片寄に「ヤンキー系ツンデレお兄」、千葉に「セレブ系ののしり王子」など、それぞれキャッチコピーが添えられ、キャラクターの性格や、複雑に絡み合う恋愛模様が垣間見える仕上がりとなっている。

 「兄に愛されすぎて困ってます」は、6月30日から全国で公開。