北朝鮮の労働新聞は24日、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試射が北朝鮮首脳部の決心と意志によって行われると主張する署名入りの論評を掲載。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論評は、北朝鮮のICBMに対して「米国防総省は朝鮮の大陸間弾道ロケット試射を追跡監視するために海上に高性能レーダーを移動展開する、どうすると奔走している」と指摘。

また、「われわれと米国は、交戦関係にある。もし、米国がわれわれの大陸間弾道ロケットに対する迎撃を試みるなら、それはすなわち戦争の導火線に火をつけることになるだろう」と主張した。

さらに、「わが軍隊は、敵のすべての侵略戦争手段はもちろん、対朝鮮攻撃および兵站補給基地まで精密照準打撃圏内に入れてすでに久しい」と強調した。

そのうえで、「われわれの国防力強化措置はいっそう揺るぎなく続くであろうし、大陸間弾道ロケット試射はすでに公開した通りにわが最高首脳部の決心と意志によって行われる」と主張した。