紙コップに入ったホットコーヒーをテイクアウトする際、断熱加工の紙コップでも、手で直に持つのはちょっと熱いものです。冬でも常に手袋をはめているとは限りません。また、職場内にコーヒーの自販機がある場合も、熱々のコーヒーをデスクに持って行くまでが大変です。

布製の『カップスリーブ』は、屋外でも屋内でも何かと重宝します。


170120_cupsleeve_02.jpg


『カップスリーブ』は布製の二重構造になっています。外側はツイードやボーダーなどの柄布、内側はなめらかな手触りの生地となっています。カップの角度に合うよう、斜めに縫い合わせてあるため、カップがずり落ちる心配はありません。

持ち手のような形に縫われており、革のストラップもついていますが、実際にこの部分を持ってコップを支えることはできないのでご注意ください。

170120_cupsleeve_03.jpg


今回はマクドナルドのSサイズと、スターバックスTallサイズのカップに使ってみました。どちらも下から履かせるようにセットしますが、外す際にもキツさは感じられませんでした。

なお、ボトル型の缶コーヒーにはセットできましたが、直径5cmの円柱型の缶飲料には緩すぎるため適さないようです。(サイズ(約)上部内寸/直径8cm下部内寸/直径7cm)

ところで、会議室やコーヒーショップに集った際、「このコーヒー誰の?」という場面に出くわしたことはありませんか?

『カップスリーブ』はツイードやボーダーなど全5種類の柄があります。自分用の『カップスリーブ』を装着することで、他の人のカップと容易に区別がつきますね。

付属の木製コースターにはメッセージを書くにも十分な広さがありますので、気軽なプレゼントにも良いでしょう。


カップスリーブ|SPICE


(藤加祐子)