アクションポーズ(スタンドは別売)/(C)創通・サンライズ

写真拡大

バンダイは、1980年7月に発売し、累計4億5900万個以上(2016年3月末時点)を販売している「ガンプラ」(「ガンダムシリーズ」のプラモデル)が、2020年に迎える発売40周年に向けて、新しいプロダクトの創出を目的としたROAD TO GUNPLA 40th ANNIVERSARY「GUNPLA EVOLUTION PROJECT」を始動させる。

【写真を見る】最新の設計技術と新規金型により製作した最新「ガンプラ」!/(C)創通・サンライズ

第1弾商品として、1/144スケールのスタンダードモデルとして販売してきた「HGシリーズ」より「HGUC 1/144スケール MSZ-006 ゼータガンダム」(1944円)を4月22日(土)より日本を含む世界各国で順次発売。

同商品は、テレビアニメ「機動戦士Zガンダム」(1985年放送)に登場する可変MS(モビルスーツ)ゼータガンダムを、最新の設計技術と新規金型により製作した最新「ガンプラ」となっている。

同商品の“EVOLUTION POINT”は、劇中イメージに近いポージングを実現させるaction(可動)だ。今まで発売してきた 1/144スケールのゼータガンダムでは再現できなかった可動域でのアクションを追求している。ライフルを抱え込み、射撃する臨場感あるポージングも可能だ。【ウォーカープラス編集部/Raira】