1
 
アメリカの携帯電話キャリア大手のSprintは現地時間1月23日、音楽配信サービスTidalの株式の33%を取得したと発表しました。契約者にTidalのサービスを提供し、同社サービスの魅力を高めたい考えです。

約226億円で株式取得、マーケティング資金85億円を提供

ソフトバンクが2013年に傘下に収めたSprintが、人気ミュージシャンJay-Zが経営するTidal株の33%を取得しました。Billboardによると、株式の取得額は約2億ドル(約226億円)、とのことです。
 

 
Sprintの最高経営責任者(CEO)であるマルセロ・クロウレ氏がTidalの経営陣に加わる一方、Jay.Z氏は引き続きTidalの経営者としてとどまります。
 
Sprintは、Tidalの独占アルバム配信などのマーケティング費用として、約7,500万ドル(約85億円)を提供するとBillboardが報じています。

SprintとT-Mobileの合併、実現なら1.2億人の顧客基盤に

先日、ソフトバンクの孫正義社長が就任前のドナルド・トランプ新大統領と会談し、米国内への巨額投資を約束したのは、SprintとT-Mobileの買収・合併を認めてもらうためだろう、と噂されています。
 
両社の合併については、オバマ政権下の管轄当局が難色を示し、実現しなかった経緯があります。
 
もし、両社の合併が実現すれば、Tidalは合計1億1,800万人の顧客基盤を獲得することとなります。

Appleによる買収も報じられていたTidal

Tidalは、カニエ・ウエストやマドンナといった人気アーティストの独占コンテンツを強みとしています。
 
しかし、かねてより経営不振が囁かれており、昨年夏にはアーティストへのロイヤルティ支払い延滞も報じられていました。Apple Musicのコンテンツを強化したいAppleが約500億円で買収交渉している、と報じられて話題となったものの、後日、Appleは報道を否定していました。
 
なお、Sprintは、昨年日本に上陸したSpotifyとの買収交渉が2014年に報じられたように、音楽配信サービスの獲得にかねてより意欲的でした。
 
昨年10月には、AT&TがTime Warnerを買収するなど、スマートフォンの普及でキャリア独自のサービスの訴求が困難になり収益力が低下する「土管化」を回避するべく、大手キャリアが有力コンテンツの獲得に動いています。
 

 
 
Source:Billboard, The Verge, Sprint
(hato)