大切な人のちょっとした一言がその日一日の元気を左右することってありますよね。大好きな人に素敵な一言をかけれるのは末長く愛される秘訣でもあります。今回は、夫や彼氏に毎日伝えたい言葉をまとめてみました。

愛している

末長く愛される女性でいるためには、毎日の愛情表現は必須。「忙しいから」「疲れているから」などの理由で愛情表現を怠っていては大好きな人の愛おしい存在にはなれません。一時も惜しまずに愛を伝えることが末長く愛される女性に近く一歩です。

幸せだよ

「お前を幸せにしてやる」なんて堂々と言える男性は絶滅危惧種になりつつありますが、無口な男性だって、心の底では女性を幸せにしてあげたいと望んでいるものです。「あなたといると幸せだよ」なんて耳元でささやいたら大好きな彼の向上心&自尊心がアップすること間違いナシ!

その服似合ってるよ

ちょっとした変化やちょっとしたオシャレに気づいて欲しいのは女性だけではありません。「その服似合ってるよ!」そんなあなたの朝の何気ない一言が彼にエネルギーを注入してくれるはず。

○○なところが好き

長所を褒められるのは誰だって嬉しいもの。「よく食べるところが好き」「シャイなところがカワイイ」など、本人にとってはとくに長所だと感じないポイントを褒めてあげると愛され度がアップしちゃうかも !?

いつもお疲れさま

「お疲れさま」は疲れた心を癒してくれる大切な一言。彼が疲れているときや元気のないときにさりげなく労いの気持ちを伝えてあげるのが愛される女でいるための秘訣。お互いを労わる優しさが恋人や夫婦の絆を深めてくれます。

○○すごく上手だね

頼られると頑張っちゃうのが男の性。男性の長所は褒めて伸ばしてあげましょう。ただし、ベッドでの褒め言葉は注意が必要。「上手」という言葉は暗に誰かと比較していることを表しています。ベッドで男性を褒めるとき「○○なんて初めて」など、ほかの男性との性経験を連想させない言葉を選ぶのが◎。

今日の体調はどう?

頭痛や腹痛を訴えていた彼の様子を次の確認してあげると、好感度が急激にアップするはず。かまってちゃん傾向の高い男性は体調を気遣われるのが大好き。彼にエネルギーがないときは、甘えモードのスイッチを入れてあげましょう。

ありがとう

彼への感謝を忘れないことは、いつまでも素敵なカップルであり続けるための大切な要素。「いつもありがとう」と言われると「またがんばろう」という気持ちが芽生えるもの。一方、お互い感謝の気持ちを伝えることなく、家事や仕事をすることが当たり前になってしまうと、お互い「こんなに頑張っているのに」という不満の気持ちが生まれ、彼のやる気が喪失してしまうことも。「ありがとう」の一言は、愛される女性になるためだけでなく、彼への優しさや思いやりを育むために欠かせない要素です。