'16年12月から2か月にわたる73公演がついに終幕

写真拡大

舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」が1月24日、千秋楽を迎え、最終公演のカーテンコールで公開記者会見を。第2幕の日替わりゲストが話題になった同作、最終公演のゲストには堂本光一、12月公演に出演していた藤ヶ谷太輔と玉森裕太が登場。藤ヶ谷と玉森は12月公演での各自のソロ曲「Breaking the Dawn」「Dinga」、1月公演のWキャスト・戸塚祥太と塚田僚一と4人で「Everybody Go!」「Za ABC」を披露。さらに堂本光一と舞台「SHOCK」のカンパニーが「夢幻」「Continue」を披露し、千秋楽にふさわしいスペシャル感となった。

【写真を見る】「全員主役」のキャッチフレーズにふさわしく、80名近いジャニーズJr.にそれぞれ見せ場が

公開記者会見では印象に残ったゲストを振り返り。Love−tune・安井謙太郎は松本潤を挙げ、「共演は初めて。ステージで潤くんが紹介してくださったんですが、『まずはこいつら、ラブ“チューン”!』と…まだまだ覚えてもらわなきゃ」と松本の言い間違いにニッコリ。塚田僚一は「個人的にはNEWSのまっすー(増田貴久)。同期なので感傷深かった」と明かし、戸塚祥太が「感慨な!」とツッコむひと幕も。佐藤勝利は「松本潤くんと2人の(デビュー曲『Sexy Zone』の中のセリフ)『セクシーローズ』。あんなに緊張した『セクシーローズ』はなかったです。(松本バージョンは)声の通りが上手かった!」と振り返った。

最後は平野紫耀が「ほぼ5か月連続で舞台に出ていて、『これ乗り切ったら、怖いもんないぞ』といろんな人に言われていた。自信がつきました」と話すなど、春にも多くの公演が控えるJr.たちが飛躍を誓った。

これまでの第2部ゲストと披露したナンバーは以下の通り。(登場順)

・東山紀之

玉森、藤ヶ谷、戸塚、塚田、HiHi Jetらと「仮面舞踏会」を。中島健人が参加した回も。

・堂本光一

ダンサーを従え、ソロ曲「INTERACTIONAL」などを。

・A.B.C-Z

「Za ABC」「vanilla」を。舞台中の五関を除く4人や、河合、橋本のソロ回、戸塚&塚田の2人の回や、河合とジャニーズWEST・桐山照史のコンビでの登場も。

・亀梨和也

舞台上で花魁姿に生着替えや、フライングも披露。「LOST MY WAY」「絆」「1582」

・山下智久

「One in a million」「Loveless」「Youw step」を披露。「抱いてセニョリータ」ではJr.マンションが登場。

・ジャニーズWEST

「ええじゃないか」を70人近いジャニーズJr.と披露。

・関ジャニ∞

渋谷すばる、横山裕、大倉忠義が登場。

・滝沢秀明&薮宏太&北山宏光

「WANNA BEEEE!!!」はローラースケートに挑戦。「REAL DX」には佐藤勝利、玉森、藤ヶ谷も。

・佐藤アツヒロ

「ガラスの十代」「パラダイス銀河」「WINNING RUN」で、玉森、藤ヶ谷もローラースケートで参加。

・三宅健

「Maybe」「Flashback」「Will」を披露。

・Kis-My-Ft2

「Gravity」「FIRE BEAT」を披露。

・舞祭組

新曲「道しるべ」をリリース日に披露。

・岡本健一&岡本圭人

「Midnight Train」を。ジェシー、京本大我、安井謙太郎、岸優太も参加。

・Sexy Zone

「Sexy Zone」「celebration」「よびすて」をメドレーで。中島健人、菊池風磨のソロや、松島聡&マリウス葉の出演回も。

・増田貴久

「恋を知らない君へ」、MADEと「LIS'N」などを。

・20th Century

「不惑」を披露。「Dahlia」はMr.KING、Prince、ジェシーらと共演。

・滝沢秀明&渋谷すばる

「Can do! Can go!」、ジャニーズJr.と「明日に向かって」を披露。

・中山優馬

「交差点」をTravis Japanと、「YOLO Moment」をMr.KING、Prince、HiHi Jetと。

・薮宏太&八乙女光

「Just wanna lovin' you」「愛しのプレイガール」をSixTONES、Snowmanと。

・今井翼

佐藤勝利と「アンダルシアに憧れて」、戸塚&塚田と「REAL DX」を。

・松岡昌宏&村上信五

Mr.KINGと爆笑トークコーナーを展開。

・滝沢秀明&三宅健

「浮世艶姿桜」などでフライングも披露。

・松本潤

DJブースを用意し、ジャニーズ、フォーリーブスからSexy Zone、A.B.C-Zまで50年の歴史を21グループのヒット曲で振り返り。

ラストは「A・RA・SHI」をみんなで披露。