富樫、中島、仲川のゴールで横浜FMが競り勝つ《Jリーグアジアチャレンジ》

写真拡大

▽2017 Jリーグアジアチャレンジ インターリーグカップが24日にタイで開幕。ラジャマンガラ・スタジアムで行われたバンコク・ユナイテッド (タイ)vs横浜F・マリノスは、横浜FMが3-2で勝利した。

▽日本とタイの修好130周年記念事業として初開催となる今大会は、Jリーグから鹿島、横浜F・マリノスの2クラブと、タイ・プレミアリーグからバンコク・ユナイテッド、スパンブリーFCの2クラブが出場。大会方式はJリーグとタイリーグの対抗戦で、24日と26日の2日間で全4試合が行われる。

▽GK に飯倉大樹を据えた横浜FMは、センターバックにパク・ジョンス、新井一耀、そして新加入の高野遼、松原健を左右それぞれサイドバックとして起用。中盤は、中町公祐、天野純、遠藤渓太、前田直輝、中島賢星が入り、ワントップを富樫敬真が務めた。

▽比較的落ち着いた序盤戦となった中、徐々にペースを握った横浜FMは、18分に決定機を演出する。ボックス左からカットインした遠藤が枠内に鋭いシュートを放つ。しかし、これはコースが甘く、相手GKのセーブに遭う。

▽チャンスを逃した横浜FMだが、次の決定機をゴールに結びつける。ボックス中央で中島の縦パスを受けた富樫が、うまくDFと入れ替わってシュート。これがゴール左に決まり、富樫のゴールで横浜FMが先行した。

▽迎えた後半、天野、中町、パク・ジョンス、遠藤に代えて扇原、喜田、中澤、山中を投入した横浜FMは、早々に同点に追いつかれる。51分、ペナルティアーク付近でFKを与えてしまうと、これをピュリサイに直接ねじ込まれ、1-1とされる。

▽しかし、ここから横浜FMは再び攻勢を強めると、62分に勝ち越す。ペナルティアーク付近で富樫が縦パスを落とすと、これを受けた中島がミドルシュート。これが決まり、20歳の中島の見事な得点により、横浜FMが再びリードした。

▽その後、富樫、前田、松原、飯倉に代えて仲川、吉尾、金井、鈴木を入れた横浜FMは84分、扇原のフィードで抜け出した仲川が、飛び出してきたGKの頭上を越す冷静なループシュートでネットを揺らして3点目。86分には1点を返されたが、そのまま逃げ切って初戦を制した。

バンコク・ユナイテッド 2-3 横浜F・マリノス

【横浜FM】

富樫敬真(20)

中島賢星(62)

仲川輝人(84)

【バンコクU】

ピュリサイ(51)

ウィノチャイ(86)