中国海軍第25次護衛艦隊は現地時間22日、アデン湾海域で実戦条件下での軽武器実弾射撃訓練を実施した。

写真拡大

中国海軍第25次護衛艦隊は現地時間22日、アデン湾海域で実戦条件下での軽武器実弾射撃訓練を実施し、護衛兵力の武器・装備の合同作戦能力を検証し、高めた。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

第25次護衛艦隊指揮チームのトップを務める譚雲輝氏によると、訓練で各兵力は任務の実情に緊密に沿い、現在の環境に緊密に沿い、海賊による襲撃の新たな特徴と新たな状況を真剣に研究し、自ら状況を判断し、武器の種類を選択し、単独あるいは協同で各種対海賊武器・装備を使用し、海賊による襲撃に打撃を与え、護衛兵力の対海賊武器の総合作戦能力を検証し、高めた。(提供/人民網日本語版・編集/NA)