24日、韓国の朴槿恵大統領をめぐるスキャンダルを風刺するとの目的で韓国の野党議員が企画した展覧会に、朴大統領を裸体で表現した絵画作品が登場し、騒動になっている。写真は韓国の国会議員会館。

写真拡大

2017年1月24日、韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領をめぐるスキャンダルを風刺するとの目的で韓国の野党議員が企画した展覧会に、朴大統領を裸体で表現した絵画作品が登場し、騒動になっている。韓国・イーデイリーなどが伝えた。

韓国の国会議員会館1階ロビーでは、「共に民主党」の表蒼園(ピョ・チャンウォン)議員と「表現の自由に向けた芸術家たちの風刺連帯」が企画・主催する「もうすぐ、BYE!展」が今月20〜31日の会期で開催中だ。ここに、印象派の画家マネの代表作『オランピア』をパロディー化した『汚い睡眠』と題する問題の絵が展示された。

裸でベッドに横たわる絵の主人公の顔は朴大統領、横で花束を持つ黒人の召使は、注射器の束を抱える崔順実(チェ・スンシル)被告に代わっている。背景では旅客船セウォル号が沈みつつあり、朴大統領の腹部には父親の朴正熙(パク・チョンヒ)元大統領の顔写真と「THAAD」と書かれた高高度防衛ミサイルが描かれた。

作者のイ・クヨン氏は「セウォル号7時間(沈没事故当日の朴大統領の行動が不明とされている問題)をテーマに朴大統領と崔氏の関係をパロディー化した作品」と説明しているが、この絵は大きな騒動を巻き起こしている。与党セヌリ党は「風刺を装った人格の冒涜(ぼうとく)であり、質の低いセクハラが横行している」と強く批判、会を企画した表議員に対し「国会議員であることをあきらめたのではないか」との指摘も出た。

一方、韓国のネットユーザーの間からは「冒涜も何も、大統領こそ国民を冒涜したじゃないか」「真っ黒になってしまった国民の気持ちを思えば、もっとひどいことを描いてもおかしくない」「皮肉が利いてて分かりやすい、いい絵だと思う」「表現はちょっと過激だけど、共感できる絵だな」など、作品を評価するコメントが寄せられ、多くの共感を得ている。

また、この絵を「女性嫌悪表現」と批判する声に対して「どこが?」「ヌードは全部女性卑下なの?」「朴槿恵の顔に男性の体なら問題なし?」「これが女性卑下の問題にすり替えられるならば、韓国のフェミニズムはそこまでということだ」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/吉金)