プラカードは博物館で展示。その想いは歴史に残るインパクトだった #WomansMarch

写真拡大

1月21日(現地時間)、アメリカのワシントン.D.Cに集結したWoman's March

まるで街を覆い尽くすんじゃないかとさえ思うくらいの人、人、人。何十万という人が、女性の権利を主張するために立ち上がりました。

その行進のなかで目にしたのは、お手製のプラカード。それぞれが、自身の想いや主張をのせたプラカードを掲げていました。

『HELLO GIGGLES』によると、ミシガン州立大学の博物館やワシントンD.C.のアメリカ歴史博物館、ロンドンのビショップスゲート研究所など、世界中の博物館や団体が、これらのプラカードをコレクションとして追加しようと動き出しているとのこと。

女性として、というよりも、人間としての権利を求めておこなわれたWoman's Marchは、いま、偉大な歴史の一部となろうとしています。

[HELLO GIGGLES]

写真/gettyimages 文/グリッティ編集部

こちらも読まれています

・ミシェル・オバマ、ファーストレディとして最後のスピーチ「あなたの居場所はある」

・ドラッグに「NO」。ファッションはコミュニケーションツール #MOSCHINO

・「朝スムージー」が続かない最大の原因 #sponsored