太もも・ヒップ・ウエストの脂肪を燃やす「5分エクササイズ」

写真拡大

今すぐこの脂肪をどうにかしたい! そんなときにジムへ入会してみたものの、途中で挫折した人は少なくないでしょう。忙しい女性にとって時間をとって通い続けるのは至難の技ですよね。そんな女性にオススメなのが、家でできるエクササイズです。

今回はヨガインストラクターである著者が、おススメのエクササイズについてご紹介します。

余分な脂肪は体の冷えた部分に多くつきやすく、ある程度の筋肉量がないと落とすのも難しいもの。落としたい脂肪のある部分は、筋肉トレーニングをするよりも、まず有酸素運動で効果的に動かして“燃やす”ことが近道ですよ。

■プリッとヒップをつくるエクササイズ

(1)うつ伏せになります。

(2)両足を閉じ、かかとをそろえます。両腕は体の横へ伸ばしておきましょう。

img_0328

(3)息を吸いながら両脚を床から起こし、次に上半身を起こします。

img_0329

(4)息を吐きながらうつ伏せの姿勢へ戻ります。この一連の流れを繰り返します、まずは10回から始めてみましょう。

■セルライトを撃退して、引き締まった太ももをつくるエクササイズ

(1)両脚を腰幅に開いて立ちましょう。両手は足の付け根に当てておきます。

img_0335

(2)息を吐きながら両手を当てた足の付け根を折るようにして、上体を倒していきます。

(3)このとき、お尻を後ろに突き出すようにして腰から背中を反らすようにするのが重要なポイント。太ももの裏側が伸びていると感じる位置を探します。

img_0336

(4)息を吸いながら元に戻ります。

(5)この一連の動きを20回。なるべくゆっくりと、息を止めないように注意しながら行います。

■太ももとお尻の境目を取り戻して、ヒップアップするエクササイズ

(1)仰向けの姿勢で両膝を曲げ、かかとをお尻へ近づけておきます。

img_0333

(2)息を吐くタイミングで足の裏で踏み込みながら、体を浮かせていきます。

(3)背中の上部もしっかりと持ち上げた姿勢を、足の裏、太ももの内側の力で支えるように意識しましょう。このとき膝の幅を常に腰幅にキープし続けましょう!

img_0334

(4)息を吸いながらゆっくりと体を下ろします。この一連の流れを5〜10回程度行います。

■くびれを手に入れる、ウエスト回しエクササイズ

(1)両脚を腰幅に開いて立ちます。腰をまっすぐに立て、お尻や背中が反らないように注意しましょう。

(2)体の真ん中に縦の中心線をイメージし、そのラインがぶれないように意識しながら、ウエストで円を描くようにして大きく腰を回しましょう。

img_0337

(3)左右30秒ずつを目安に行います。お腹の奥あたりが温まり、じんわり体が暑くなってくるのが理想です。

いかがでしたか? どのエクササイズも、呼吸を止めずに反復運動をすることで脂肪を燃やしやすくします。筋トレの前に有酸素運動をするのも効果的ですよ、ぜひ取り入れてみてくださいね。

【画像】

※ fizkes / shutterstock

【筆者略歴】

yuuka

「マナヨガ」代表。オリジナルのマナメソッドを発案。本来持っている個性や美しさを引き出すと定評がある。またラジオパーソナリティとして心身の美しさをテーマとした番組を担当。