Doctors Me(ドクターズミー)- 咳が止まらないのはどうして?長引く咳の原因と対処法

写真拡大 (全10枚)

咳が止まらなくないなり、夜も眠れないという経験ありませんか。

原因も対処法も分からず咳が長続きして、ただの風邪ではないかと思い、何かの病気なの?と考えてしまうと、とても不安になりますよね。病院に行こうとした場合にも、いったい何科に診察してもらえば良いか迷うことも。

そこで今回は「咳が止まらない」原因と対処法について、医師に解説していただきました。

なぜ咳が出る?


咳は気道内の異物や痰といった機械的刺激、冷たい空気を吸い込んだなどの物理的刺激、タバコの煙や塩素ガスを吸い込んだといった化学的刺激を受けて起こる防御反応です。

気道の壁に存在する咳受容体に刺激が加わると、神経の興奮が起こり、脳の咳中枢が活性化して、呼吸筋や横隔膜に咳を起こすよう指令が入ることで反射的に咳が起こります。

咳反射が強すぎると咳が気道粘膜を傷つけ、さらに咳が起こるという悪循環になります。

咳の種類


咳には2つの種類があります。

乾性咳嗽(かんせいがいそう)


■ 特徴
乾いた痰の絡まない咳のことを言います。

■ 原因
マイコプラズマ肺炎、咳喘息、アトピー、ストレスなどでこのような乾いた咳が出ることがあります。

咳そのものが異常なことですので原因を特定する必要が出てきます。

湿性咳嗽(しっせいがいそう)


■ 特徴
痰の絡む湿った咳のことを言います。

■ 原因
風邪の時などによく見られますが、長引く場合は慢性気管支炎や後鼻漏症候群(こうびろうしょうこうぐん)も考えられます。

この咳が続く場合は、何らかの原因で痰を喀出しなければならない状態が遷延しています。

咳の期間


(出典:Doctors Me 咳ページ)

咳が続いている期間によっても種類が分けられます。咳の続いている期間によって病気が判明することもあります。

まず、咳を発症して3週間以内の場合は急性のせきと呼ばれます。
3週間以上咳が続くと「遷延性のせき」となり、8週間以上続く場合は「慢性のせき」と呼ばれます。

急性(咳を発症して3週間以内)


■ 考えられる病気
インフルエンザ、急性気管支炎、風邪・急性肺炎・気管支喘息などの呼吸器疾患、うっ血性心不全、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎

■ 注意点
感冒様症状がある場合や徐々に症状が軽くなる場合、周囲に同様な症状を持つ人がいる場合、性状の変化する膿性痰を伴う場合は、感染性の咳である可能性があります。

感染性の咳が疑われた場合、必要に応じて検査を受けることが大切です。

遷延性(3週間以上)、慢性(8週間以上)


■ 考えられる病気
咳喘息やぜんそくのような非感染症

■ 注意点
長期間の咳が続く場合には、咳の種類がかわいたようなから咳なのか痰を伴うような湿った咳なのかによっても検査方法や治療方法も変わります。

咳が止まらない場合の原因


気道への機械的刺激


ピーナッツや米粒などを吸いこんでしまった場合、いくら咳払いをしても外に出すことは難しく、刺激が持続することで咳が止まらなくなります。

また、痰が大量に分泌されている場合は、咳払いで出してもどんどん痰が発生するため、咳が続きます。

痰が産生される理由は、感染症による肺炎・気管支炎、けがによる肺の出血、肺気腫や間質性肺炎、気管支拡張症といった肺の病気など様々です。

副鼻腔炎により鼻汁が増え、それが気道に垂れこんで痰のように見えることもあります。

肺・肺を包む胸膜・肺に隣接する縦隔にがんがあったり、大動脈に瘤(こぶ)があったりすると、その刺激が咳を引き起こすこともあります。

気道への物理化学的刺激


冷たい空気や催涙ガス・塩素ガス・硫化物ガスなど、刺激性の気体は気道を強く刺激します。

また、逆流性食道炎により、のど付近が胃酸で荒らされていると、咳が止まらないこともあります。

咳中枢への刺激


百日咳の毒素は脳の咳中枢を直接刺激し、コンコンコンコンと乾いた咳が続いた後にヒューと音を立てて息を吸い込む、スタッカート&レプリーゼという特徴的な咳発作を引き起こします。

また、緊張や不安などの心理的要因もまた咳中枢を刺激し、咳払いがしたくなってしまいます。

気管支喘息、咳喘息


気道にアレルギー反応や炎症が起こり、刺激に対して過敏になり、気管の周りにある筋肉が緊張して空気の通り道を狭くします。

結核


何らかの原因で免疫力が下がり、直接的な原因である結核菌を対処することができなくなるため咳が止まらなくなります。

症状としては咳とともに痰や喀血(かっけつ)を伴う場合があります。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)


たばこなどの有害物質を吸い込むことによって、肺に慢性的な炎症が原因で咳が続くようになります。症状として、呼吸困難や息切れが多くなることが挙げられます。

マイコプラズマ肺炎


マイコプラズマという微生物によって引き起こされる肺炎で重症感がないのが特徴です。

初期症状として、乾いた咳や発熱、倦怠感がみられます。その後は痰が絡みはじめ、血痰する場合もあります。

薬の影響


ACE阻害薬やβ遮断薬と呼ばれる高血圧の薬は、副作用として咳があげられています。

咳が止まらない場合の治療法


咳が止まらないことに対しての治療法は一概には言えず、原因を究明し、それに応じた治療を行う必要があります。

発熱はないが咳が続くといったよく聞く症状は、感染症や強い炎症が関与しない上記の病名にあてはまる可能性があります。

また、病院に行く際は、呼吸器科に診断してもらうことが適切です。

遷延性の咳の場合


痰を伴わない場合は、血液検査が行われることがあり、伴う場合は、痰の検査や気管支内視鏡検査を行うことがあります。
遷延性の咳の場合は、胸部X線写真やCT、呼吸機能の検査が行われます。



病名 治療法 喘息 気管支の炎症を抑える吸入ステロイドや気管支拡張薬が用いられます。
慢性閉塞性肺疾患(COPD) 気管支拡張薬や吸入ステロイドが用いられます。痰が出る場合は去痰薬が用いられることがあります。禁煙も必要です。 アトピー・ アレルギー性鼻炎 抗アレルギー薬や吸入ステロイド、点鼻薬が用いられます。 胃食道逆流症 胃酸を抑える薬(制酸剤)で治療します。 血圧を下げる薬(降圧薬)の副作用が原因 咳の副作用が出にくい薬に変更します。
気管支拡張症 抗菌薬や去痰薬、排痰促進薬が用いられます。 副鼻腔気管支症候群 症状が軽ければ去痰薬で治療しますが、症状が進行している場合は、抗菌薬が用いられます。 慢性鼻炎 抗アレルギー薬やステロイドの点鼻薬が用いられます。症状が進行している場合は、手術が行われます。


慢性の咳の場合


結核や肺がんなどの重篤な病気の可能性があります。すぐに呼吸器内科を受診するようにしてください。

咳止めに役立つ薬


咳止め薬に含まれる成分にはたくさんありますが、大きくわけて「麻薬性鎮咳成分」と、「非麻薬性鎮咳成分」の二種類にわけられます。

麻薬性鎮咳成分


・リン酸コデイン
・リン酸ジヒドロコデイン

■ 特徴
「麻薬性」という文字が表すように弱い依存性があるため、むやみな使用は避けるべきです。比較的効果が高いことが特徴です。

非麻薬性鎮咳成分


・ノスカピン
・塩酸ノスカピン
・臭化水素酸デキストロメトルファン
・ヒベンズ酸チペピジン
・クエン酸チペピジン
・リン酸ジメモルファン
・塩酸クロペラスチン
・フェンジゾ酸クロペラスチン

■ 特徴
「非麻薬性」のため、依存性はありません。麻薬性鎮咳成分に比べて効果は低めであることが特徴です。

今すぐにでも咳が止めたい時の対処法


痰を出す


痰を出しやすくするには、まず粘っこい痰をさらさらにして出やすくします。このためには水分を十分取り、空気を加湿し、痰の粘度を下げるような薬を使用します。

次に、背中をとんとんと叩いたり、寝る姿勢を変えることで、一か所に貯まっていた痰を物理的に移動させ、出やすい位置に持ってきます。

体を平たく横たえるよりも、少し上半身を起こした姿勢にして休んだ方が、痰は出やすくなります。

また、後ろに立った人に、深呼吸の吐く息に合わせて肋骨を絞り上げるように押してもらう「スクイージング」をすることで、痰が出やすくなります。

アレルゲンを除去する


ホコリ、ダニ、ペットの毛、花粉など、取り除けるアレルゲンは減らすようにします。

禁煙する


タバコは気道を強く刺激します。

食事に気を付ける


気道を傷つけるような熱すぎるもの・辛いもの・アルコールは避けます。

加湿器を使う


乾燥すると咳をしやすくなり痰もからみやすいため、部屋の湿度を60~80%程度に加湿すると、痰が取れやすくなります。

冷たい水を飲む


ゆっくり少しずつ冷たい水を飲むと、粘り気のある鼻水や痰がサラサラした状態になり、絡みにくくなります。痰や鼻水の粘り気が粘り気がなくなることで咳が楽になります。

のどに良い食べ物を食べる


大根、蓮根、生姜、ハチミツはのどにやさしく、特にハチミツは炎症を抑える作用があるので効果的とされています。

枕を高くする


枕を高くし、上半身を起こした状態にすると、気道の通りがよくなり呼吸が楽になります。また、鼻水の流れもよくなるので、咳止めの役に有効とされています。

からだを外から温める


ガーセやタオルを首のまわりにまきつけることで、首周りの温度が保たれれ、乾燥から喉を守ります。乾燥から喉を守ってあげることで、咳が緩和されるとされています。

マスクをする


マスクをすることで口の乾燥を防ぐとされています。

ツボを押す


下記のツボをおすことで咳止めに役立つとされています。どれも指先ですこし痛いと感じる程度が適切です。



名称 場所 天突 首と胸の間、鎖骨の間のくぼみ 尺沢 ひじを曲げた内側のしわの上で親指側にある筋肉のやや外側 大椎 首の後ろ側、うつむくと飛び出している第七頸椎の少し下 咳喘点 手のひら、人さし指と中指の付け根の中間あたり

咳がよく出る人に見られるNG習慣


タバコ、アルコール、熱い食べ物、からい食べ物などを好む


気道やのどが傷つくと咳が出やすくなります。

緊張をほぐすために咳払いする癖がある


咳をすると高速の空気がのどを通過し、粘膜を傷つけます。そのためますます咳が出やすくなります。

食事のあとすぐに横になる


逆流性食道炎を起こしやすくなり、のどや食道を傷つけると、咳が出やすくなります。

運動不足、猫背


呼吸を浅くし、首・肩・肋骨の間にある、深呼吸のために必要な筋肉を弱らせます。

乾燥した環境にいることが多い


乾燥はのどに悪い影響を与えてしまうので、なるべく避けるようにしましょう。

咳が止まらない相談例


相談1:2週間くらい咳が止まりません。 喉は...


■相談者(26歳/女性)
2週間くらい咳が止まりません。 喉は痛くないです。 時々、痰も絡みます。
色はほぼ透明です。 熱など他に症状はありません。

なかなか病院に行く時間がなく、 市販の薬でいいものか、 悩みます。

■医師からの回答
風邪がきっかけの咳もありますが、そうではない場合には気管支喘息やCOPDといった疾患も考える必要がありますので、一度内科を受診された方がよろしいかと思います。

相談2:咳が1週間以上続いています…


■ 相談者(31歳/女性)
咳が1週間以上続いています… たまたま胃腸風邪になり内科に受診をして咳止めも飲んでいるのですが治りません…

■医師からの回答
咳に関しては咳の症状が強い咳喘息の可能性があります。その場合、ステロイドや気管支拡張剤の吸入が有効ですので、受診して診断してもらうことが必要でしょう。

相談3:咳が続きます。 数年くらい咳が続いて…


■ 相談者(50歳/男性)
咳が続きます。 数年くらい咳が続いてるんですが、胸レントゲンや血液検査(動脈血含む)などには異常がなく原因不明と言われました。

■医師からの回答
長引く咳の原因としては、肺気腫や慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息などいろいろな可能性があります。

呼吸器科の先生がレントゲン等見られたのであれば、おそらくほとんどの場合、何らかの肺などの病気があれば見つかるのではないかと思いますが、もしまだ受けられていないのであれば肺のCTやMRIといったもの、あるいは各種アレルギーの検査なども受けて見られると新しい情報が得られるかもしれません。