イギリス南西部の町イップルペンのガソリンスタンドに、生後1日とみられる4匹の子猫が箱の中に置き去りにされていたそうです。

発見した男性がすぐに地元の保護施設に連れて行くと、子猫たちは感染症にかかっていることがわかりました。

 


母乳を飲めなかったことから子猫たちの免疫力は弱く、残念ながら3匹は亡くなりました。


しかし1匹だけは、懸命な看病によって生き延びることができたのです。


目を開けた子猫は「チャンプ」と名付けられました。


驚異的な生命力によって元気を取り戻していくチャンプ。


あちこち歩き回ったり……。

[画像を見る]
じゃれついたりもするようになりました。

[画像を見る]
寝る子は育つ。

[画像を見る]
他の猫たちのところまで遊びに行くのが日課に。

[画像を見る]
黒猫にあいさつ。

[画像を見る]
「こんにちわー」

[画像を見る]
すくすくと着実に育つチャンプ。

[画像を見る]
あんなにか弱かった子猫も、こんな立派に。

毛並みと言い、キリッとした顔つきと言い、品を感じますね。

動画はこちら。
[動画を見る]
Kitten Survives After Being Left At A Gas Station - YouTube

【「生後間もない子猫がガソリンスタンドに捨てられていた…」→懸命な看病によって立派な猫に】を全て見る