撮影現場をパッ! とさせていたという岡田結実

写真拡大

 お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右の長女でタレントの岡田結実が24日に都内で行われた映画『傷だらけの悪魔』の完成披露試写イベントに出席、同作で映画初出演を果たした岡田は「色々やらかしちゃった」と撮影では緊張の連続だったと振り返った。この日は主演の足立梨花、江野沢愛美、加弥乃、藤田富、山岸聖太監督らも出席した。

 本作はコミック&ノベルサービス「comico」で連載中の澄川ボルボックスによる原作の実写映画化作品。田舎の学校に転校した主人公・葛西舞(足立)は、かつて自分がいじめていた小田切詩乃(江野沢)と再会する。舞は詩乃のことを覚えていなかったが、恨みを抱き続けていた詩乃は報復をしようと考えて……。岡田はクラスで舞と対立するグループの一員で、ムードメーカーの名取静を演じている。

 初体験だった映画の現場について岡田は「初歩的なことがわからなくて、台本を現場に持っていっていいのかということから悩みました」と戸惑いを吐露。続けて「みなさん台本を持っていなかったので『どうしよう、持ってきちゃた』と思ってリュックに隠したり、台本を現場に忘れちゃったり……。色々やらかしちゃった」と苦笑しつつ、最終的には「周りの人が優しかったので教室が夢の国のように思えました」と充実した笑みで振り返った。

 イベントでは足立から「結実ちゃんが現場に来てくれるとパッと明るくなった」とムードメーカーだった様子を明かされていた岡田。MCから「(映画初出演について)ご家族から何かアドバイスはありましたか?」と聞かれると「『俺はドラマに出たことがあるから……。大丈夫だろうな?』みたいなことを言われて『大丈夫だと思います』という返事はしました」と回顧する。その際も「俺は……」の部分をモノマネし、共演者らを「あの人(岡田圭右)だ」と笑わせていた。(取材・文:中村好伸)

映画『傷だらけの悪魔』は2月4日より角川シネマ新宿ほかにて全国公開