23日、韓国で宝くじの売り上げが急増している。写真はソウル。

写真拡大

2017年1月23日、環球網によると、韓国で宝くじの売り上げが急増している。韓国企画財政部の宝くじ委員会は22日、2016年の韓国におけるロトくじの売り上げが過去最多を記録したと発表した。

韓国で自国民が唯一入場できるカジノ「江原楽園」の売り上げも年々増加しており、16年第3四半期には、売上高は同期比6%増、純利益は4.5%増を記録した。

宝くじやギャンブルの人気は経済不振と無関係ではない。ある業界専門家は、収入は増えないのに、物価は上がり続けており、国民の負担は増すばかりで、ロトくじやギャンブルで一獲千金を夢見る人は少なくないと明かす。韓国の証券会社によると、たばことギャンブルは不景気の影響を受けにくいという。

しかし専門家は、宝くじの市場規模が大きくなるにつれ、一気挽回を狙ってのめり込む人は確実に増えるとし、社会的にも経済的にも悪影響が生じる恐れがあると懸念を示した。(翻訳・編集/岡田)